エンターテインメント

買い物買い芸能人・松谷「嘘のない生活を “| Lmaga.jp

松原タニシが長いアルバイトた「金龍ラーメン」で。

変死自殺が起きた事情がモノ」買い物」に住んでいる芸能人松原タニシ。 不動産買い物だけ紹介してもらい、部屋を転々としながら、そこに起こった奇妙な事件を素材に大人気を果たす。 そんなタニシの経験をまとめたベストセラー本を映画化したのが8月28日公開の「買い物怖い構造」である。

タニシをモデルにした主人公ヤマメ(亀梨和也)が買い物買い芸能人で人気を得るまでの道のりは、その中で起こる怪奇現象を描いている。 今回はタニシが2019年までにアルバイトで敵を置いていた “金龍ラーメン千日前店」を取材場所に設定して、売れなかった時代のエピソードや買い物買い芸能人としての心構えなどについて話を聞いた。

取材・文/田辺ゆき写真/木村花子

“誰もが嫌い、世界ジャニーズのトップスターが…”

──「買い物買い芸能人」とした人が一タニシ氏だが、実際には5年前に大阪味園ビルライブ劇場「なんば紅鶴」で素材を見することができて。 ビートルズ “Can not Buy Me Love」にのせて、頭にかぶっている無数のサンバイザーをひたすら脱ぐ材料だ。

はい、本当ですか….もちろん、その材料があります。

──大阪時代アンダーグラウンドイベントにたくさん出てらしたタニシ様を知っている人からすれば、雑誌などで亀梨和也さんと対談してグラビアを飾っている現在の状況にびっくりしているんじゃないですか?

そうかもしれません。 10年前には考えられないことだけが起こっています。 亀梨さんがドラマ「野ブタ。をプロデュース」(2005年)に記載されておらかけるときに、私はそれこそ味の森で疑問のイベントによく出ていました(笑)。

──今回の谷さんモデルにした主人公を亀梨さんが演じるということが話題になりましたが、製作時亀梨さんとはどのような話をしましたか。

「どのような気持ちで買い物に住んでいたのか」と尋ねました。 買い物を買うこと周りが不幸になるかもしれない。 そんな周りの感情についてですね。 私の内側の部分について多くの質問を受けました。

買い物買い芸能人の道を歩くヤマメ演技亀梨和也。 Ⓒ2020「事故物件怖い部屋タイプ」製作委員会

──映画を見れば亀梨さんは外見とテンション感度含めてタニシ様をよく研究されて印象がありました。

その主人公のモデルである私にキャラクターを近づけてくれるなど、亀梨さんが取り組む姿勢が多くの人を巻き込み、「この映画を成功させよう」という気持ちを呼び起こしていると感じます。

もともと「買い物を買うことができ」と、誰もが嫌いだった。そんな世界にジャニーズのトップスターたちが身を投げた。私はすごく嬉しい、そのような亀梨さんの姿を見て「多くの人々が映画を見たい」と思ってよ。

──映画の中で描かれていますが、タニシさん自身買い物を買うのは初めて怖さがあったが、途中で「怪奇現象に慣れ」をしていきますよね。

生活の一部になる感じですね。 仕事という意識がより強くなりました。 奇妙なことが起これば材料にすることができますが、起きなければ何も言うことができない。 だから私にとっては怪奇現象が起こらないことが怖いんです。 仕事がされていないから。 実際には時々しか怪奇現象は起こらない。 時間を使っても撮るの高さが少なく効率も悪い。 そんな思いから、自分の霊魂スポットに行きました。

READ  「SAO Alicization Lycoris "新しいシナリオが追加される連続無料アップデートと有料大型拡張DLC前編の内容が収録されたティーザーPVが公開

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close