貿易協会、日韓ビジネス関係の改善を加速

Estimated read time 1 min read

グジャヨル韓国貿易協会会長が1日、ソウル汝矣島韓日特別交流委員会設立記念懇談会で発言している。 KITA提供

イ・ミンヒョン記者

韓国貿易協会(KITA)は、両国関係が悪化している状況で、両国間の民間事業協力活性化のために貿易協会が韓日特別交流委員会を設置したと29日、明らかにした。

グジャヨル貿易協会会長は「日本は産業的観点から韓国の単純な競争者ではなく、両国が協力すればより大きな相乗効果を出すことができるパートナー」と話した。 「両国の企業家が経済、安全保障など様々な分野でコミュニケーションを強化し、考えを集めて急変する未来に備えなければなりません。 委員会は両国企業をつなぐ架橋の役割を果たすでしょう。」

旧会長など企業である15人が参加した貿易協会内部会議で、チョ・ヒョンジュン暁星グループ会長が委員会委員長に選任された。

旧会長はグローバルサプライチェーンが崩壊している状況で委員会設立の重要性を長く強調してきた。

チョ・ヒョンジュン暁星グループ会長が19日、ソウル汝矣島(ヨイド)韓日特別交流委員長に任命された後、挨拶をしている。  KITA提供

チョ・ヒョンジュン暁星グループ会長が19日、ソウル汝矣島(ヨイド)韓日特別交流委員長に任命された後、挨拶をしている。 KITA提供

貿易協会によると、委員会の主な役割は両国間のビジネス交流活性化方案を議論し、韓国経済界が日本市場進出に先立ち提示した議題を検討することだという。

区会長は「人工知能、バイオなど革新技術を先導する有望企業とスタートアップが特別委員として合流した」と話した。 「特に、次世代産業の分野で両国間のビジネスパートナーシップと人材交流の範囲と深さを引き続き高めていきます」

委員会は来る3月、東京で日韓貿易会議を開催する予定であり、専門家を招待して何度もセミナーを開催する計画だと貿易協会は明らかにした。 日本企業人を招待し「ネクストライズ2024スタートアップセミナー」も開催する。

大統領府関係者は「韓日特別交流委員会は回復した両国関係を活用し、経済、安保、サプライチェーン、人力交流など多様な分野で両国の民間関係を強固にすると期待される」と話した。 委員会は言った。

READ  JR西日本「銀河」が運行開始! 斎藤ゆきと試乗レポート[PR] | Lmaga.jp
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours