貿易収支黒字転換で日本経常収支5ヶ月目黒字

Estimated read time 0 min read

東京:日本の経常収支は貿易収支が黒字に転換し、6月に5ヶ月連続黒字を記録したと火曜日(8月8日)、政府資料が見せて世界3位経済大国である日本の購買力減少に対する懸念が緩和されています。

財務省の資料によると、6月の経常収支黒字は1兆5100億円(米ドル106億ドル)だった。

これは1年前同月より約1兆円増加したもので、ロイター世論調査で経済学者の中間予測である1兆4000億円の黒字と比較されます。

貿易収支は1年前同月より1兆4000億円増加し、5カ月連続の黒字を記録し、貿易収支は3280億円の黒字に戻った。

しかし、基礎所得黒字は1兆6800億円で、前年同月比1670億円減少した。

過去1年間、経常勘定データは、高エネルギーコストと円安が燃料と原材料の輸入に大きく依存する世界3位の経済大国に加えた苦痛を強調しました。

輸出強国としての日本の地位も近年弱くなっていますが、一部は企業が生産を海外に移転し、海外投資が日本の収益力の柱となったからです。

READ  日本のCAPEX、企業が財布のひもを強化によって減少する| ロイター| 事業
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours