経済

貿易赤字の急増により、日本の輸出が予想より少なく成長ビジネスと経済

世界3位の経済大国が8年ぶりに1カ月ぶりに最大貿易赤字を記録した。

1月の日本の輸出は、製造業者が自動車に対する海外需要の鈍化による圧力に直面し、グローバル供給制約で困難を経験し、予想以上に成長しなかった。

世界で3番目に大きい経済は、燃料と原材料のコストの持続的な上昇によって収入が増加し、その価値が出荷を上回り、8年で1ヶ月で最大貿易赤字を記録しました。

貿易赤字の増加は、輸出依存経済が急上昇する原材料および原材料コストへの暴露を強調し、製造業者が国内で製品を生産することに依存している。

木曜日の財務省データによると、1月の輸出は前年同期比9.6%増加し、これはロイター世論調査で市場予想値である16.5%増加に達しない数値である。 これは前月の17.5%成長に続いたものだ。

地域別では、日本の最大貿易国である中国への輸出が1月までの12ヶ月間で5.4%減少し、一般機械出荷量の減少で19ヶ月ぶりに最初の減少を記録した。

日本の商品のもう一つの主要市場である米国への出荷量は、1月に11.5%成長した。

1月までの収入は37.1%増加すると予想した中央値より39.6%急増し、貿易収支赤字を2兆1,911億円(189億9,000万ドル)とし、中間推定値である1兆6,070億円(138億9,000万ドル) )と比較した。 部族。

別の政府データによると、今後6〜9ヶ月間の資本支出の先行指標として機能するコア機械注文は、12月に前月より3.6%増加し、予想1.8%減少より良好でした。

メーカーは、コア注文が前四半期に6.5%増加した後、1〜3月に1.1%減少すると予想しました。

オミクロン変種事例の記録的な急増と高い原材料価格が見通しをぼやけているが、日本経済は2021年第4四半期に予想より若干低い成長を記録しました。

READ  日本、賃上げを通じた経済強化の目標

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close