経済

資生堂は日本産の高品質製品に焦点を当てています。

化粧品大企業資生堂は、「メイドインジャパン」ブランドで顧客を確保するために生産施設を日本に移転しています。

資生堂宇多谷正彦社長は「ビジネスに重要なのはブランド価値」と話した。 「私たちは日本で生産拠点を運営しなければならないと確信しています。」

3年間で3つの工場が設立され、日本にある会社の工場を2倍に増やしました。

円安に支えられ、資生堂は日本で製品を購入するために日本を訪問する外国人訪問者が減り、日本から世界中のさまざまな地域への輸出を強化しようとしています。

資生堂は去る5月26日、記者たちに福岡久留米工場を公開した。 この施設は、コアElixirラインとその他のラインで年間1億4000万個のスキンケア製品を製造できます。

そこで製造された製品は、日本の消費者だけでなく、中国および近くの博多港からアジア諸国に出荷されます。 最近の円安は、プラント関連の利益が増加すると予想される。

資生堂は2019年12月、栃木県小田原に36年ぶりに日本初の新規工場である那須工場をオープンしました。 大阪茨城工場は、最新の福岡久留米工場が開かれる前の2020年12月に大阪府茨城に次に作られました。

現在、6つの国内生産施設があります。 資生堂には3つありました。 施設に投資された金額は合計1400億円(11億ドル)です。

これから、資生堂やエリクサーを含む会社の主要ラインのほぼすべての主力スキンケア製品は日本で生産されます。 資生堂の製品は120カ国および地域で利用できます。

Uotaniによると、日本産製品を大量に購入する海外訪問客が東京に莫大に流入した2015年頃に新しい工場を建てる計画が提案されました。

資生堂の2017年の売上は、史上最大の1兆円を突破したが、増加する需要に追いつかなかった。 一連の製品が売り切れたため、企業は製造能力を強化する必要があるという圧力を受けました。

新しいコロナウイルス感染症は、那須工場が稼働し始めた直後にブームを終え、資生堂は2020年12月に終了する事業年度に116億円の純損失を記録し、赤字に陥りました。

しかし、資生堂は日本で製品を作ることが「ブランド価値」だと信じているため、初期計画通り工場設置プロジェクトを継続することにしました。

皮膚に直接適用される化粧品の安全性と品質に関する会社の強調は、特に重要であると考えられています。 日本を訪れる多くの外国人観光客が日本で作った製品を使ってみた後、世界的にはるかに良い評判と人気を享受しています。

国内生産への転換は、生産能力を海外に移転する資生堂の移転政策と著しい対照をなす。

国内工場は2000年代と2010年代の間に3つに半分に減った。 他のアジア諸国の顧客を対象に、より安価な製品を作るために、2010年にベトナム対応製品が導入されました。

しかし、改革が収益性の改善に効果がないことを知った資生堂は、2013年3月の会計年度に146億円の純損失を報告し、2014年に会社の再建のためウタニを社長に任命しました。

Uotaniは資生堂を「グローバルブランド」にする目標を設定し、収益性の低いセクションを削除し始めました。 つばき、宇野などデイリーユーズラインは、米国の化粧品事業とともに2021年に売却された。

これは資生堂が専門性を備えた中低価格がスキンケア製品に集中するという立場を明らかにした。

日本に工場を移転することは、為替レートの変動のリスクが高く、送料が高いが、躊躇する意思がないとウオタニは強調した。

彼は「変動する為替レートにもかかわらず(国内生産)基本行動方針は変わらないだろう」と話した。

(この記事は千葉たくろと田中かなこが書いた。)

READ  奇妙なニュース検挙:暗号通貨の助けを借りて日本に輸出されたコロンビアカブトムシ。 コロンビアカバのための避妊法:避妊用ダーツなど

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close