経済

資産1億ウォン以上「金持ち」132万7000世帯コロナ流行に変化資産運用:J-CAST会社ウォッチ[전체보기]

「金持ち」を連想させる「富裕層」は、数や資産は一体どのくらいだろうか – 。 野村総合研究所の富裕層のに関する調査(2019年版)によると、金融資産1億ウォン以上5億ウォン未満」富裕層」5億円以上」スーパー金持ち」と、その両方を合わせた世帯数は132万7000世帯にのぼるする。

2005年以来、最も多かった前回調査対象2017年(126万7000世帯)で6万世帯増加した。 「富裕層」「スーパー金持ち」は、第2次安倍内閣の経済政策、アベノミクスが始まった2013年以降、増加を続けている。

  • 超富裕層・富裕層は、2013年以降増加し続けている

  • 超富裕層・富裕層は、2013年以降増加し続けている

アベノミクス以降急騰

野村総合研究所は、富裕層を次の5つの階層に分けた=下の図を参照

・超富裕層(純金融資産保有額5億円以上)
・富裕層(同1億円以上5億ウォン未満)
・準富裕層(5000万円以上1億円未満)
アッパーマス層(3000万ウォン以上5000万円未満)
マス層(同3000万円未満)

kaisha_20201223123857.jpg

2017年から2019年までの秒富裕層と富裕層の順金融資産保有額は、それぞれ15.6%(84兆ウォン→97兆ウォン)と9.3%(215兆ウォン→236兆ウォン)増加し、両者の合計量は、11.1%(299兆ウォン→333兆ウォン)増加した=下の表を参照してください

超富裕層・富裕層の順金融資産保有額は世帯数だけでなく、2013年以降、継続的に増加を続けている。

これまでの10年近くに渡って最高の富裕層と富裕層の世帯数と純金融資産保有額が増加している要因について野村総合研究所は、

「株式などの資産価格の上昇で富裕層・Ultra-HNWIの保有資産が増加した以外の金融資産を運用(投資)している準富裕層の一部が富裕層にそして豊富層の一部が超富裕層への移行したためと考えされる “

と分析している。

2019年初め富裕層(8万7000世帯)と富裕層(124万世帯)を合わせた132万7000世帯は、総務省の2019年1月1日現在の住民基本台帳に基づく人口動態調査によると、日本人世帯数は5699万6515家具なので、その約2.3%に相当する。

純金融資産保有額が3000万ウォン未満のマス層は4215万7000世帯で、こちらは約74%で大部分を占めている。 純金融資産保有額が3000万ウォン以上5000万ウォン未満のアッパーマス層(712万1000世帯)を合わせると、その割合は86%。 世帯数で大多数を占めるマス層アッパーマス層はすべて、以前と比較して純金融資産を減らしている。

kaisha_20201223123922.jpg

コロナ災害の運用 “信頼できる専門家が必要とする”

2020年コロナ災害の中で、株価は上昇しているが、多くの経済指標が悪化して、「これから富裕層・超富裕層の世帯数と純金融資産保有額に影響を与える可能性がある」としている。 野村総合研究所では、家具の資産推計調査に加えて、全国のビジネスの所有経営者(主要株主であり、代表)を対象に、「富裕層アンケート調査」を実施した。 その結果、やはり、コロナ災害が最高の富裕層・富裕層の企業のオーナー経営者の意識と行動に影響を与えていることが分かった。

その調査によると、個人資産管理・運用について、「複雑で理解しにくい製品よりシンプルで直感的な製品を好むようになった」(50%)、「元本割れの可能性がある金融商品のリスクを以前よりも気にするようになった”(46%)で、回答者の約半数が、資産運用の考え方が変化したとする。

また、「経済の将来と自分が管理・運用する資産について、積極的に情報収集や勉強をすることができるようになった」(47%)、「自分の考えだけで資産の管理・運用をすることは限界があると感じた」 (46%)、「資産管理・運用に関するアドバイスを受けることができる、信頼できる専門家が必要だと考えた」(42%)などの回答の割合が高く、このため、野村研究所は「為替急変に対して専門家のアドバイスなど、さまざまな情報を収集し、資産運用の意思決定をするという考えが強まっている」と見ている。

一方、「個人の資産のより所有している事業や法人将来が以前より気になった」(53%)と回答した割合が最も多く、コロナ災害の影響は、企業の所有者には、個人の資産よりも所有・経営する事業の認識がより強いことが分かった。

また、調査は野村総合研究所が2005年から隔年で「日本の純金融資産保有額の他の世帯数と資産規模」の調査を実施した。各種統計など預金、株式、債券、投資信託、一括生命保険や年金保険など家具で保有金融資産の合計額から負債を差し引いた「純金融資産保有額」をもとに、総世帯5つの階層に分類し、それぞれの世帯数と資産保有額を推定した。

また、オーナー経営者(主要株主であり、代表)の調査では、データバンク事業の概要データベースをもとに、全国2万本を抽出した。 2020年10〜11月に実施。 1520人の有効回答を得て、このうち、本人と配偶者が保有している金融資産は1億円以上の305人を集計した。 内訳は、金融資産5億ウォン以上は27人、1億ウォン以上5億ウォン未満は278人だった。 2020年12月21日に発表した。

READ  アウディ、新型「RS 6アバント」「RS 7スポーツバック」を発表マイルドハイブリッドを備えたV8 4.0ツインターボ搭載

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close