エンターテインメント

賞を受賞した日本映画シネマラヤで披露する予定

「人生の道」は、日本で育つビルマ少年の実話をもとにする。

賞を受賞した日本映画「Passage of Life」(2017)が第17回シネマラヤフィリピン独立映画祭で、限られた無料上映とトークバックを持つ。

マニラの日本財団は、映画祭連合上映セクションの一環として、8月19日から21日まで無料で見ることができる別の賞を受賞し、日本映画を提供しながら、シネマラヤ独立映画祭との長年のパートナーシップを継続し続けています。

「人生の道」は、日本に住むビルマ少年と、彼は人間として成長する過程の話です。 理性が欠けている世界の自分の経験とそれに対する抵抗、家族の憎しみと愛を描いた作品である。 この映画は、日本 – ミャンマー共同制作で、第30回東京国際映画祭で最優秀アジア未来像、日本の財団のアジアセンターで映画監督藤本明夫にスピリット・オブ・アジア賞を受賞するなど、いくつかの賞を受賞しました。

映画上映のほか、マニラ、日本財団は、8月20日午後7時から9時まで藤本明夫監督とプロデューサー渡辺和孝と一緒に映画のライブオンラインディスカッションを提供しています。

議論はJapan Foundation、マニラのDirecor Ben Suzukiが進行して、フィリピン映画監督Janus Victoriaが合流し、日本映画製作者や映画会社との共同制作の幅広い視点を追加する予定です。

READ  HiHi Jets・猪狩のジョニーと○○体験にメンバー驚愕! Travis Japan・松倉は鳩にも気を使う!? 【ジャニーズJr. チャンネル週報](2020/11/22 21:00)| 西条ウーマン

Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close