技術

赤城耕一の「赤城カメラ「第11回:ハッセルブラッドCFV II 50Cに感動物語 – デジタルカメラWatch

ハッセルブラッド503CXにCFV II 50Cを装着したが、全く違和感はないですね。 素晴らしいです。 チュウィミグァ実用性を完全に両立させていますね。 シャッター料金は巻きです。 それ嫌いな人は、500ELシリーズを使用しましょう。

ハッセルブラッドVシステムに特別な愛着があり、今も熱心に愛用しています。12月18日(金)から新宿のオリンパスギャラリー東京で開始写真展「録音の “もハッセルブラッド500CMとか500ELM、553ELXで撮影した「真四角写真」の作品を展示する予定です。ああ、参考展示作品には、オリンパスフレックスとか、PEN-Fも使用していますからね、念のため。誠実だよねや(笑)。時間ありましたらぜひお越しください。

参考写真展「録音たち」で一点を。 あなたカラを使用して写真制作の経験は皆無でみるととても楽しかったです。 色合いのないだったか再現性のフィルムが持つ懐の深さを感じました。
ハッセルブラッド500CMディスタゴンT * CF 80mm F2.8(F11・1/500秒)フジプロ400H

で、最初から不要な宣伝を書いていますが、ハッセルVシステムカメラで撮影し、これは “笹」です。 つまり個人撮影ですね。 最後に、「仕事」でVシステムを使ったのはいつなのか、また、記憶がないくらいです。

誠実な仕事写真家であれば、Vシステムにデジタルバックを駆使して、本業の撮影に活用することも考えますが、効率だけを重視し、資金調達も困難底辺写真家は、デジタルバックを購入かなり難しいよねえ。

これまでにも本家ハッセルだけでなく、サードパーティ製のもVシステムは、デジタルバックを多数用意されてましたが、価格も仕様も業務用の側面が強いこと。 多くの仕事をした、その昔ならともかく、今はモットーを取るのは難しいだろう。

やはり真四角?

ハッセルブラッドフィルム時の画面サイズは56×56mmの正方形。 CFV II 50Cセンサーは約44×33mmの長方形の画面。 センサーサイズ、アスペクト比に合わせてV専用ファインダースクリーンも用意されているのは良いことです。 かなり独断であるため、Vシステムで撮影した写真は、正方形でない場合嫌だと思っていました。 あくまで正方形にこだわるなら、もちろん画像はクロップになりますね。

プライベートな時間にフィルム6×6判カメラを持って街をさまよっているので、その感覚でCFV II 50Cをつけた500CMはどんな感じの写真を撮るのかを試みたが、ほとんど変化がない理由。 しかし、真四角たくなりました。
ハッセルブラッド500CMディスタゴンT * CF 60mm F3.5(F11・1/500秒)ISO 100太陽

スクエア型でトリミングも5,000万画素であれば余裕ですね。 恐れることは焦点が適切に配置されているかどうかでしょうか? (モデル:三浦匹)
ハッセルブラッド553ELXプラナT * CF 80mm F2.8(F9.5・1/125秒)ISO 100太陽

しかしながらね、慣れてくると長方形も気になり、またはね。 適当な。 ところが、この違和感を克服することができるかがVシステム+ CFV II 50C扱わの鍵となることじゃないこんにちは。

500CMなどの機械のVシステムのカメラボディは、当然ながらメートルは内蔵されていない露出の決定は、撮影者が行う必要があります。 そして手動で巻きクランク回してシャッター充填し、フォーカシングしてシャッターボタンを押すと、ステップです。 これは、フィルム時代と同じである。 しかし、テスト撮影する余裕があれば、軽くテスト撮影して画像とヒストグラムを確認しまう露出に関しては問題ないですね。 ああやっぱりデジタルは人を怠惰するんだ。

しかし、写真は一期一会です。 テスト撮影中、被写体がなくなってしまうかもしれません。 良い子には適切団体露出計を使用しましょう。

READ  スマートフォン版「ドラゴンクエストIIIそして伝説へ...」特別セールを開催。アニメ「ドラゴンクエストダイの大冒険」の放送開始を記念して

Nakama Shizuka

"フリーランスの学生。微妙に魅力的な料理の達人。トータルベーコンの先駆者。旅行の第一人者。自慢のオーガナイザー。"

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close