理科

超新星爆発が地球に与える影響は?手がかりが「木の年輪」にすることができ| sorae宇宙のポータルサイト

大マゼラン銀河の超新星残骸「N 63A」(Credit:NASA / ESA / HEIC and The Hubble Heritage Team)

この図は、地球から約16光年の彼方にある大マゼラン銀河超新星爆発の残骸です。米国コロラド大学ボールダーの研究グループによると、このような地球から遠く離れたところで起きた超新星爆発の「痕跡」が地球木の年輪に含まれている可能性があるようです。

超新星爆発は、質量が大きい恒星が末期に発生する爆発現象です。わずか数ヶ月の爆発現象が生み出すエネルギー量は、太陽が一生に渡って放出する量とほぼ同じです。 研究を率いたRobert Brakenridge氏は、これらの超新星爆発が地球から遠く離れたところで起こったとしてもオゾン層に重大な損傷を与えることができるとします。

超新星爆発が地球に及ぼす危険性を調査するために研究グループは、「木の年輪」に注目しました。 地球上に最も多く存在する炭素の質量数は12であるが質量数が14の放射性同位元素(以下、炭素14)が若干存在します。 木は二酸化炭素を内部に取得しますが、その中には、炭素14からなる二酸化炭素も含まれており、年輪の炭素14の「痕跡」が残っています。

宇宙から飛んでき宇宙船が大気圏と衝突して生成された炭素14の量が毎年ほぼ一定であるが、その量が、いくつかの海路変化していることが木の年輪の調査で明らかになっています。研究グループは、これらの変更が太陽フレアまたは超新星爆発によって飛んでくるガンマ線この原因という仮説を立てて検証を行いました。

過去4万年の間に地球に近いところで起きた超新星爆発の記録リストと比較した結果、炭素14の量の変化が8回超新星爆発と関連している可能性が示された。特に、研究グループが有力視されている4回のうち1会は、地球上815光年離れた「私桁 “方向で約13,000年前起こった超新星爆発で発生した直後炭素14の量が約3%上昇したことが確認されたと言います。

しかし、「私桁」で起きた超新星爆発の時期には、最大1500年の誤差がありますので仮説を裏付ける決定的な証拠とは言えず、地上の生物への影響も知ることができない状態といいます。それでもBrakenridge氏は帆桁超新星残骸より地球に近いオリオン座の赤色超巨星ベテルギウス念頭に置いて、超新星爆発の影響は研究の価値があると思います。

画像クレジット:NASA / ESA / HEICとハッブルヘリテージチーム
出典: Phys.org
文/ Misato Kadono

READ  この世界は非科学的な存在を科学的に証明しようとしてきた過去の偉大な科学者| ニコニコニュース

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close