理科

車椅子に縛られた男、アパートに自分をウィンチするために太陽熱「エレベーター」を作りました。 [Video]

車椅子に縛られたロシアの男性が、バルコニーを通して自分の3階建てのアパートに自分をウィンチするために太陽熱動力「エレベーター」を作りました。

  • 69歳のアレクサンダー・ユディンは、自分がデザインして作ったデバイスを使って、珍しい方法でロシアのTimashevskにある自分の3階建てのアパートに行くことができます。
  • クリップは彼が建物の側面に持ち上げ、彼のバルコニーに行く様子を示しています。
  • 彼がそこに着いたとき、彼はドアを開けて家に帰るために自分自身を引き付ける。
  • 彼は自分のブロックに必要な施設が不足していることを知った後、デバイスを作成しました。


車椅子に縛られている一人の男が自分の3階アパートまで自分を持ち上げてくれる独創的な太陽熱動力「エレベーター」を実演しました。

映像には69歳のAlexander Yudinが彼が設計した装置によって地から持ち上げられ、ロシア南部にある自分のアパートのバルコニーに移される姿が込められています。

ビデオには、彼がクラスナドル地域のティマシェフスクにある彼のアパートのブロックの外に到着し、ハーネスがバルコニーから降りるのを待つ姿が含まれています。

彼は車椅子が彼を地面から持ち上げてアパートブロックの外に上がる前に車椅子に取り付けることを示しました。

彼は最終的にバルコニーに到達し、ドアを開け、車椅子をまっすぐに伸ばし、中に入ります。

職業電気技術者のMr Yudinはまた、エレベーターに電力を供給するためにソーラーパネルを設置しました。 それで彼は彼の村に停電が発生しても家の内外に閉じ込められないようにしました。

アレクサンダー・ユディンは、ロシア南部ティマシェフスクのアパートのブロックの側面に「エレベーター」を建設しました。

69歳のYudin氏は、機械が彼を地面から持ち上げる前に装置にしっかりと縛られています。

69歳のYudin氏は、機械が彼を地面から持ち上げる前に装置にしっかりと縛られています。

Yudin氏は、エレベーターの上部にある家にアクセスするためにバルコニーからドアを開けて、体と車椅子を振り回して中に入ります。

Yudin氏は、エレベーターの上部にある家にアクセスするためにバルコニーからドアを開けて、体と車椅子を振り回して中に入ります。

ビデオは、Mr Yudinが3階にある自分のアパートに持ち上げられることを示しています。

ビデオは、Mr Yudinが3階にある自分のアパートに持ち上げられることを示しています。

職業の電気技師であるMr Yudinは、デバイスの作成に数ヶ月かかりました。

職業の電気技師であるMr Yudinは、デバイスの作成に数ヶ月かかりました。

ユディンさんはデバイスを作るのに数ヶ月かかりました。 このデバイスは、次第に移動しにくい後に思いついたものです。

彼は90年代に交通事故で片足を失ったが、3年前に倒れ、もう片足が折れて歩けなくなった。

彼のアパートのブロックでは、住民は障害者のアクセスが不可能であり、階段は車椅子に比べて狭すぎます。

彼はロイター通信とのインタビューで「私はキャストと一緒に嘘をついて動かないことを避け、この状況から抜け出す方法を考えた。

‘起きても家の外に出るには一人がもっと必要だ。 誰もが職場にいるのでオプションではありませんでした。

Yudin氏は、他の人の助けに頼らずにアパートから出ることができるようにエレベーターを作ったと言いました。

Yudin氏は、他の人の助けに頼らずにアパートから出ることができるようにエレベーターを作ったと言いました。

彼はその装置が彼に独立性を与え、働き、社交できるようにしたと言いました。

彼はその装置が彼に独立性を与え、働き、社交できるようにしたと言いました。

Mr Yudinのエレベーターはソーラーパネルで駆動され、その地域の停電のために家の内外で座礁されません。

Mr Yudinのエレベーターはソーラーパネルで駆動され、その地域の停電のために家の内外で座礁されません。

‘悩みをたくさんして一種のエレベーターを選んだ。

「私はただ家に横たわって何が起こるのを待ったり、誰かが私に食べ物を持ってくるのを待ったり、動かずにバルコニーに座って外を見たくなかった」

彼は自分のデバイスが彼に人生を戻した、彼は仕事をして、家の外で他の人と社交を楽しむと付け加えた。

広告

READ  北極海は思ったより早く隣人によって侵略された

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close