スポーツ

車椅子バスケットボールスター、東京パラリンピックで金メダルを獲得し、東北地域を高揚させる

車椅子バスケットボールパラリンピック豊島明が東京オリンピックでコートをキャッチとき、彼は日本の東北部の東北地域住民を励まし、2011年3月11日、福島核危機を引き起こした地震と津波に続いて、そこから再構築の努力を強調することを希望します。

32歳の彼は進歩9.0の地震が発生したとき福島第一原子力発電所のオフィスで会計士として働いていました。

彼は建物がひどく揺れパネルが天井から落ちたときに車椅子から降りて机の下に隠れていたことを鮮明に覚えています。

一人で動くことができない豊島の仲間は彼背を向け、工場の避難建物に連れて行った。 翌日発電所1号炉がある建物で、最初の水素爆発が発生し、状況が悪化しました。

豊島は不安に震え時代を回想が「何時に寝たのか、何時に起きたのか覚えていない」と述べた。

彼は、適切な食事なし長い時間を過ごし周辺の仲間が危機に対応するために戦ったとき、「何もする力がないと感じた」。

地震3日後豊島と他の労働者が防護服を着て車で工場を避難し、3号機の建物が爆発した。

福島県いわきの両親の家に到着したとき、8年生の時から活躍した車椅子バスケットボールは心の中で最も遠かった。

「人々が痛みを伴う避難する必要がある状況で、バスケットボールをしても大丈夫ですか?」 彼は気になった。

災害に包まれた原子力発電所の運営者であるTEPCOの職員としての彼の役割のために、彼の感情はさらに複雑になりました。

「私は恥ずかしかった」と彼は言った。

日本の豊島明が2019年9月一試合で韓国を相手に銃を撃つ。 | KYODO

しかし、地震、4ヶ月ぶりにドイツで開催されたFIFA女子ワールドカップで優勝した日本女子サッカー代表チームの成功に彼の意見はすぐに変わった。

東京電力の代表のDF鮫島マ彩は、その歴史を作るチームのスターの一人であった。

豊島は「私はこれから進むことができるよう助け」と話した。 「選手たちが地域社会に借金を返済する方法があることを悟りました。」

ロンドンパラリンピック出場を目指し豊島は翌年、東京電力を残して、自分が属しているクラブであるMiyagi MAXの車椅子バスケットボールに集中しました。

豊島は、8月24日から9月5日までのパラリンピックで日本男子車椅子バスケットボールチームの主張を引き受けることになる。このパラリンピックはコロナウイルス感染症が原因で、1年前に押されたし、その役割と強い責任感を持っている。

今、彼は今年第三パラリンピックでメダルを獲得して東北の人々の精神を高揚させるために決心します。

彼は「災害の影響を受けた東北出身の選手として、今ではコロナウイルスの日常的な不確実性を経験している人として誇りことができる公演をお届けしたい」と語った。

「人々が明日まで成功することができるようでしたら、5年または10年後から見ることができます。 “

誤った情報とあまりにも多くの情報の時代に 良質のジャーナリズムはこれまで以上に重要です。
サブスクリプションの場合、ストーリーを正しく伝達するのに役立ちます。

今予約購読してください

写真ギャラリー(クリックすると拡大)

READ  ブタン誘導協会とNOC、後期誘導アイコン鼻がに敬意をピョハダ

Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close