スポーツ

車椅子ラグビーはパラリンピックで固定観念を破るます。

TOKYO(AP) – 米国の主張Joe Delagraveが車椅子ラグビーについて説明ほしいという要求を受けました。 彼は、米国がオーストラリアのを49-42で破り、日曜日、英国とのパラリンピック決勝に進出した後、自分が政治的に正しくないことを知っていました。 彼はそれをしたくなかった。

有名な2005年のドキュメンタリー映画「Murderball」を見た人は、スポーツを知っています。 この運動選手が脊髄損傷を着て腕と脚がなく殴打されたかのように見える車椅子に縛られているという事実を気晴らしにする絶え間ない騒乱バンパーカー。

Delagraveは「文字通り固定観念を破るます。」と言いました。 「私はいつも障害がぶつかり合って、お互いをよりかかわらになるようにしようとするのと同じだ冗談をします。 私はそれがPCがない場合、または他のものではないことを知っています。 “

デッラグレイブは17年前のミシシッピ川でのボート事故で首折れました。 彼乗った船が川の底にぶつかったと彼は言った。 彼は後ろに倒れ頭を殴り首折れました。

「このスポーツの美しい点はリハビリが可能であることです。」とDelagraveが言いました。 「首折れたり切断された新しい人をこのスポーツに連れてきました。 スポーツを通じて夫、妻になることができるよう人生変わります。

パラリンピック2回ディフェンディングチャンピオンを相手にした勝利はアメリカ人に甘くしました。 5年前にリオデジャネイロで開かれた金決定戦でオーストラリアは二度の延長戦で米国を59-58で下した。

米国は、2000年のシドニー、2008年に北京で金メダルを取った。

英国は土曜日、別の準決勝で開催国の日本を55-49で下した。

車椅子ラグビーのルールは、基本的であり、速度が速くバスケットボールサイズのコートで試合中断が多くありません。 椅子は、頻繁に裏返して、プレイヤーはろくろを見つめています。 またはより悪くは椅子が上にあります。

4人の選手がパスをして、時にはドリブルをして、堅材が互いにぶつかりながら上下に疾走します。 目標は、両端のゴールラインを横切っバレーボールサイズの赤と白のボールを運ぶことです。 プレイヤーは、相手の身体と身体の接触を行うことができませんが、他のほとんどのものは許可されます。

ファウルは、プレイヤーが「囚人する」で時間を稼いで相手が男に有利にプレイするようにします。 絶え間ない行動は主人公に障害があることを容易に忘れている。

多くの選手たちと同じようにDelagraveは「Murderball」がスポーツや障害に対する認識を高めたものと認めます。

「その映画は、時には強引したがパラリンピックスポーツの考えを変えるのには本当に役立ちました。」と彼は言いました。 「私たちは、障害を持つ人でも少女だが、まず運動選手です。 最初は運動選手であり、第二には、障害です。 私たちは、他の人のように熱心に遊ぶために来ました。」

Delagraveはチームの「心と魂 “として描かれ、おそらくスタインChuck Aokiです。 彼はオーストラリアのを相手に27つの試みをし、オーストラリアのライリーバット(Ryley Batt)が25得点しました。 試みは、それぞれ1点の価値があります。

Aokiと「Murderball」も同様です。

「それは私がスポーツを見つけ方法です。」と彼は言いました。 「障害者ができることを再定義しました。 それは私達が家に座って、自分自身をあわれむ人ではないことを示しました。 私たちは活発であり、私たちは生きていて、かっこよく、時にはバカでした。 私たちは、欠点と長所を持つ人々だけです。」

Aokiは、自分が腕や足に感覚を感じない珍しい遺伝性疾患を持って生まれたました。

「多くの障害のある人は、仕事をするなという話を聞きました。 彼らはすることができず、することもできません。 私はスポーツが人々に競争優位性の感覚を戻してくれあなたが仕事をしながら生きていることを感じると思います。 それはないです。 “

Aokiは博士課程にいます。 デンバー大学で国際関係と比較政治学博士。 彼の論文は、技術と民主主義の交差点をカバーします。

そして今、最も困難な問題は、いつ頃の論文を終えるでしょうか?

「良い質問です。 ” 彼は答えた。 “以来、その時点で”

___

より多くのAPオリンピック:https://apnews.com/hub/2020-tokyo-olympicsとhttps://twitter.com/AP_Sports

READ  2選手の競争3球団が一本釣りまたは/ドラフト1位予想 - プロ野球ライブ速報:日刊スポーツ

Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close