輸入電気自動車は海外自動車販売の9%を占める

1 min read
読売新聞
愛知県小牧市に位置する中国電気自動車メーカーBYD(BYD Co.)のショールーム

日本輸入自動車協会(JAIA)によると、今年度の上半期の国内輸入車販売量の9%を輸入電気自動車が占めた。

JAIAの数値によると、その期間中に合計10,968台のEVが販売されており、これは前年比94.5%増加した数値である。 輸入EVは、さまざまなモデルの数が増え、日本の道路状況に適した小型車両を反映して、日本でますますおなじみの光景になりました。

読売新聞

2020年10月から今年9月まで日本で販売されるEVモデルの数は20個から101個に増えました。 協会はモデル別販売数値を公開していないが、フォルクスワーゲンAGのID.4、アウディAGのQ4 e-トロンなどを公開しました。 モデルが人気がありました。

海外電気自動車メーカーはますます日本市場を攻略している。 去る1月からここで電気自動車の販売を始めた中国BYD社は今年末まで日本国内の販売店数を60個に増やす計画だ。 一方、ドイツのメルセデスベンツグループAGは昨年、横浜に世界初のEV販売を専担する拠点を設立しました。

外国の自動車メーカーが国内市場に参入するにつれて、日本の自動車メーカーは合計10台のEVモデルのみを提供しています。 日本自動車ディーラー協会によると、今年上半期に日本で販売された電気自動車は軽自動車を除く2万1317台で、全体の自動車販売量の1.7%に過ぎない。

READ  Abrdn Japan Investment Trust:総会特別事業決議案(2023年9月) - 2023年9月29日午前05:34 EDT
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours