sport

追い風と高速展開が集団を破壊ポがチャールやランダタイムを失ってファンアルトが2勝目 – ツールドフランス2020ステップ7 | cyclowired

序盤から早い展開によって、純粋なとげが一斉に脱落したツールドフランス7つのステップ。 後半にかけて吹いた追い風によってデイ・ポがチャールとミケルだそうだリッチポートが脱落する中、小集団スプリントでワウトファンアルト(ベルギー、ユンボ・ヴィスマ)がステージ2勝目を飾った。


パッ三好の距離にマスク姿の選手たちが来る photo:Kei Tsuji

9月3日(木)第6段階
三好〜ラヴァル
距離:168km
獲得標高差:2,000m
天気:晴れ
温度:25-32度

カテゴリー山岳スプリントポイント
9km地点3級山岳類ジャンソン頭(距離3.1km・平均6.1%)
58km地点スプリントポイント
73.5km地点3級山岳ペロス私頭(距離14.5km・平均3.9%)
97.5km地点4級山岳ポレ頭(距離1.1km・平均7%)

9月4日(金)7段階三好〜ラヴァル168km9月4日(金)7段階三好〜ラヴァル168km 写真:ASO9月4日(金)7段階三好〜ラヴァル168km9月4日(金)7段階三好〜ラヴァル168km 写真:ASO
追い風に備え、フロントに56Tを設けたジャコモ・ユニット秒(イタリア、NTTプロサイクリング)追い風に備え、フロントに56Tを設けたジャコモ・ユニット秒(イタリア、NTTプロサイクリング) photo:Kei Tsujiなどを患っているトーマス・デヘント(ベルギー、ロットス扱う)が開始する前に調整などを患っているトーマス・デヘント(ベルギー、ロットス扱う)が開始する前に調整 photo:Kei Tsuji
追い風を警戒するねオス・ザクロ・ディアスのセル化イース・クナフェン監督追い風を警戒するねオス・ザクロ・ディアスのセル化イース・クナフェン監督 photo:Kei Tsujiスタート直後のフェイスアップに備えてローラー台上げるスタート直後のフェイスアップに備えてローラー台上げる photo:Kei Tsuji


見よハンスそれが序盤からタイツベール奪還作戦を実行

山塊の戦いを終えて足早にピレネー山脈に向かう選手たち。 この日は、主塔の高さは、世界で最も高い(343m)ミヨー橋の下をくぐって、3つの3級山岳と4級サンアクルル含むアップダウンをこなしながら平野を目指す。 残り43.5km地点のカストルの都市で、まずフィニッシュ地点ラバルまでの平地には南東(進行方向の直後)で、この地域特有の「タン風」が吹いていた。

獲得標高差が2,000mに達したが、純粋なスプリンターにピレネー突入前の最後のチャンス見せたこの日の追い風に備えスプリンター54〜56Tの大きなチェーンリングをそしてマイヨジョーヌ候補も54Tの大きなチェーンリングを踏んでスタートを切る。 するとすぐに見ハンスグローがマイヨヴェール奪還作戦を実行に移した。

サム・ベネット(アイルランド、ドゥークーニンク・クイックステップ)に奪われたマイヨヴェールを
取り戻すために開始直後の3級山岳類ジャンソン頭見よハンスグローが高い速度を刻むメイン集団は、100人程度縮小する。 山ポイント獲得のために動いたブノワコヌ後と(フランス、ああ第二ジェル)などを飲み込むて、見よハンスそれは、第1集団の速度を維持した。

主塔の高さは、世界で最も高い(343m)ミヨー橋主塔の高さは、世界で最も高い(343m)ミヨー橋 写真:Luca Bettini
序盤から高い速度を刻んスプリンターを除外してたボアハンスそれ序盤から高い速度を刻んスプリンターを除外してたボアハンスそれ 写真:Luca Bettini
ステージ序盤に脱落したカレブユアン(オーストラリア、ロットス扱う)ステージ序盤に脱落したカレブユアン(オーストラリア、ロットス扱う) 写真:Luca Bettini

見よハンスその目的どおりベネトルル蹴り落とすと同時に、カレブユアン(オーストラリア、ロットス扱う)とケースボルト(オランダ産ウェブ)、アレクサンダークリストフ(ノルウェー、UAEのチーム首長国連邦)ジャコモユニット秒(イタリア、NTTプロサイクリング)地域ヴィヴィアーニ(イタリア、コフィディス)など、純粋なスプリンターをはがしに成功した。

ベネットを含む約30人の第2の集団は、硫酸アンモニウムを含む約40人の第3集団をはがしながら、約100人の第1集団は58km地点のスプリントポイントに到着。 サガンは上を通過しなければならマッテオトレンチン(イタリア、CCCチーム)に許可されたが、ここでは暫定的にポイントを上に上がった。

スプリントポイントを通過した後、第1集団の速度は落ちず、第2集団及び第3集団との時間差を広げ舞台後半に。 yuanを集団復帰させたいトーマスにヘント(ベルギー、ロットス扱う)が第1集団の鈍化を期待して、単独で逃げを試みたが、時間差が1分を超えず、自分28の脱出残り35km地点で終わりを迎えした。

約100人の絞られた主な集団が急速に進んで約100人の絞られた主な集団が急速に進んで photo:Kei Tsuji
第1集団に入ることができなかったタイツベールのサム・ベネット(アイルランド、ドゥークーニンク・クイックステップ)第1集団に入ることができなかったタイツベールのサム・ベネット(アイルランド、ドゥークーニンク・クイックステップ) photo:Kei Tsuji
中盤まで独走したトーマスにヘント(ベルギー、ロットス扱う)中盤まで独走したトーマスにヘント(ベルギー、ロットス扱う) 写真:Luca Bettini
ステージ中盤のアップダウンをこなしマイヨジョーヌアダム・イエーツ(英国、ミッチェルトンスコット)ステージ中盤のアップダウンをこなしマイヨジョーヌアダム・イエーツ(英国、ミッチェルトンスコット) 写真:Luca Bettini


ねオスグァユンボ追い風フェイスアップによって集団が分裂

風力発電の風車が勢いよく回る平野で追い風による集団分断作戦が開始される。 指揮をしたのはねオス・ザクロ召し上がっや重機・ヴィスマで吹きっ露出区間で速度が上がった集団は、エシュロンを形成しながら分裂。 総合3位デイ・ポケットがチャール(スロベニア、UAEのチーム首長国連邦)と、総合7位エステバン・チャベス(コロンビア、ミッチェルトンスコット)、総合11位バウアーケ・明後日麻(オランダ、トレック歳フレ)、他の元チームスカイの総合13位ミケルランダ(スペインバーレーンマクラーレン)と総合15位リッチポート(オーストラリア、トレック歳フレ)が後方集団に孤立してしまう。

1年前強風ステージで書いた考えを味わったシングルアッパーFDJとアスタナもねオス・ザクロ召し上がっや重機・ヴィスマートに参加し、第1集団を牽引。 UAEのチーム首長国連邦とバーレーンマクラーレン、レックセガフレが率いる第2集団との時間差は、すぐに1分まで広がった。

残り35km地点で追い風区間でエシュロンが発生する残り35km地点で追い風区間でエシュロンが発生する 写真:Luca Bettini
第1集団を自ら主導するアダム・イエーツ(英国、ミッチェルトンスコット)第1集団を自ら主導するアダム・イエーツ(英国、ミッチェルトンスコット) 写真:Luca Bettini
ねオス・ザクロ召し上がっや重機・ヴィスマイ第1集団を牽引ねオス・ザクロ召し上がっや重機・ヴィスマイ第1集団を牽引 写真:Luca Bettini
シングルアッパーFDJとアスタナも集団前方で追い風区間をこなしシングルアッパーFDJとアスタナも集団前方で追い風区間をこなし 写真:Luca Bettini
ユンボ・ヴィスマを先頭に後続の理由第1集団ユンボ・ヴィスマを先頭に後続の理由第1集団 photo:Kei Tsuji

その後も時間差は拡大を続けながら、最終的に42人に圧縮された第1集団が仕上げポイントラバルてきた。 グルアッパーFDJを先頭にフラムルージュ(残り1kmアーチ)を駆け抜け、残り500mでエドヴァルト見アソスンハーゲン(ノルウェー、NTTプロサイクリング)のためにミハエル・ゴーグル(オーストリア、NTTプロサイクリング)が首位でリードアウトを開始した。

ジャスパースツイブウェン(ベルギー、トレック歳フレ)とワウトファンアルト(ベルギー、ユンボ・ヴィスマ)は、サガンを一緒に見て見アソスンハゲンガ残り200mでゴーグル肘の信号を受けて加速する。 後方から高速件ジュリアンアラフィリップ(フランス、ドゥークーニンク・クイックステップ)が、他のラインで加速見アソスンハーゲンに差し上げた横を走るスツイブウェンに接触してバランスを崩した。

隙間を見つけてラインを変えながらも、チェーンを落としたサガンなどを背景に、見アソスンハーゲンの後ろのタイミングをうかがうファンアルトが残っ100mで加速します。 根モシュログリッチ(スロベニア、ユンボ・ヴィスマ)風防の役割を継続ルーラー/拳/可視/全シクロ六ロッサファンアルトがハンドルを投げる見アソスンハーゲンとブライアン鼻カル(フランス、B&Bホテル・バイタル概念)の横に手を上げた。

エドヴァルト見アソスンハーゲン(ノルウェー、NTTプロサイクリング)を抜いて首位に立ってすごいトファンアルト(ベルギー、ユンボ・ヴィスマ)エドヴァルト見アソスンハーゲン(ノルウェー、NTTプロサイクリング)を抜いて首位に立ってすごいトファンアルト(ベルギー、ユンボ・ヴィスマ) 写真:CorVos
小集団スプリントを制しすごいトファンアルト(ベルギー、ユンボ・ヴィスマ)小集団スプリントを制しすごいトファンアルト(ベルギー、ユンボ・ヴィスマ) 写真:CorVos


アシストミラーステージ2勝目とイェーツのマイヨジョーヌを維持

この日の平均速度は47.5km / h。 追い風区間がラスト35kmの平均速度は59.1km / hに達する。

最後ストレートで70.4km / hの最高速度を表示して見アソスンハーゲン鼻カルステンレス降っ舞台2勝目を飾ったファンアルトは「今日のステージ優勝を誇りに思っている。今日はスタートから全開走行で初の山岳でスプリンターを除外してた見ハンスそれ走行はすごかった。常に風を感じながらのレースでは根モシュ(ログリッチ)を保護するために最善を尽くした。総合争いの観点から見ると、何人かの競争相手が時間を失ったので、良い一日となった」と述べた。

「根某シュー安全に実行させることを最優先としながらも、小さな集団スプリントステージ優勝のチャンスがある場合は標的ない手はなかった。右にスペースを見つけて完璧なタイミングでスプリントに持ち込ましました。昨年も、この近くで(間接ステージで)優勝したが、今朝の時間に舞台戦いに関連するとは全く予想していなかったから、この勝利はスペシャル。意外のハードステージだからこそドダ」

見よハンスその戦略が功を奏し、サガンはステージ13位に沈んながらもタイツベールに復帰。 長時間の主要な集団を率いたダニエルオス(イタリア、紫ハンスその)がステージ敢闘賞を受賞している。 32ポイント差のポイント上3位に浮上したファン・アルトは「開幕前から何度も言うが」と笑って誓い。 「チームの目標は、根モシュの総合優勝であり、今日のような機会が帰ってこない自分のために走ることはない。」

追い風区間で脱落したポがチャール、ランダム、明後日マポート、およびタイミングの悪いパンクで脱落したリチャール・カラパス(エクアドル、ねオス・ザクロ・ディアス)は、1分21秒遅れ。 マイ要部はのポがチャールでエガンベルナル(コロンビア、ねオス・ザクロ・ディアス)に移動し、マイヨジョーヌアダム・イエーツ(英国、ミッチェルトンスコット)が守った。

「ピレネー前平和な舞台を期待したが、見てハンスその他の考えを持っていた。彼らは0km地点から最後まで集団を引き続けるた。トラブルがなければ、マイヨジョーヌウル保護することができますので、良い一日だったことができる。明日はチームにどのような走行できるか期待される “とログリッチで3秒のリードでピレネー初日に挑戦イェーツは言った。

ステージ2勝目を飾ったワウトファンアルト(ベルギー、ユンボ・ヴィスマ)ステージ2勝目を飾ったワウトファンアルト(ベルギー、ユンボ・ヴィスマ) 写真:CorVos
マイ腰部とを獲得したエガンベルナル(コロンビア、ねオス・ザクロ・ディアス)マイ腰部とを獲得したエガンベルナル(コロンビア、ねオス・ザクロ・ディアス) 写真:CorVos
夏 photo:Kei Tsuji
https://www.youtube.com/watch?v=wEXS7oJ4n_c

READ  大阪ナオミ、ドイウルフルセットで下し、初の試合を突破/詳細 - スポーツライブ速報:日刊スポーツ

Okano Akemi

「ベーコンオタク。ゾンビ中毒。ハードコアコーヒー愛好家。テレビマニア。音楽マニア。Twitterマヴェン。フードホリック。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close