経済

退職者が推奨 “停止したが、良い企業のランキング1位マッキンゼー”やめ前提と入射する「信じられないほどの理由は? :J-CAST会社ウォッチ[전체보기]

就職した会社で、「勤務上げる」文化は、もはや過去のものとなっている。 様々な転職支援サイトなどの調査では、若い世代の転職志向は60〜70%に達しており、会社を残すことができ、マイナスのイメージがなくなった。

だから就職・転職の作業マーケットプラットフォーム「OpenWork」を運営するオープンワークが会員ユーザーレビューの投稿で調査した「退職者が選んだ「やめたが良い企業のランキング “「2020年9月16日に発表した。いわゆる「卒業生」によると、元々あった職場の推薦順位である。

  • ここでは、元のがんばろう! (写真はイメージ)

  • ここでは、元のがんばろう! (写真はイメージ)

退職 “マッキンゼーマフィア」として君臨

「OpenWork “は、主に会社員のメンバー、ユーザーが自分の勤務している企業や官庁などの口コミ情報を投稿する国内最大規模のクチコミサイトである。 会員数は約340万人(2020年1月時点)である。 「年俸・待遇」「職場環境」「従業員の士気」「社員の育成」「風通しの良さ」など8つの項目に自分の会社を評価して公開します。 今回の調査では、公開された口コミの “引退”による評価に限定「退職者の評価が高い企業」を集計した。 「やめたが良い会社だった」と退職者から評価される企業には、どのような特徴があるか。

その結果、上位10社のうち7社、外資系企業が並ぶ=以下の表を参照。 1位は米国に本社を置く世界有数のコンサルティングマッキンゼー・アンド・カンパニー日本支社。 2位は、情報通信の超大型GAFAの一角のGoogle。 3位は、米国に本社を置く、世界最大の消費財メーカープロクター・アンド・ギャンブル・ジャパン(P&G)、4位は、マッキンゼーのシカゴオフィスから独立し、世界的なコンサルティングに成長したATカーニー。 5位は日本の人材活用をサポート最大募集ホールディングスある。

6位は、専門家で構成された経営支援・M&Aの助言国境管理、7位は米国の巨大金融グループ、ゴールドマン・サックス証券部門であるゴールドマン・サックス証券、8位はエジソンが設立した多国籍巨大複合企業GE(ゼネラル・エレクトリック)の日本支社であるGEジャパン、9位は、日本の役所である特許庁、10位は、米国ボストンに拠点を置くコンサルティングボストンコンサルティンググループである。

1位マッキンゼーは「全社員」著名な起業家や経営者、経済評論家、政治家が多いことも知られて政財界に「マッキンゼーマフィア」として君臨する。大前研一(経済評論家)、勝間和代(同)、川鍋一郎(日本の交通会長)、南場智子(D・N・A会長)、西直史(マクロミル取締役)安田朋哉(クックパッド執行役)、蚊敏充外傷などそうそうたるメンバーがいる。

たとえば、小池百合子道知事の1期(2016年)、小池知事が作成された東京道のり改革本部(現在は解散)にブレインと呼ばれる特別顧問特別参加が13人いたが、そのうちの5人がマッキンゼー出身で “時給7300円を支払っている」とマスコミに叩かれたほどだった。

kaisha_20201020183548.png

「社内での出世よりも退職後のブランドをどのように活用するか」

外資系企業は、さまざまな人々が働いている

外資系企業は、さまざまな人々が働いている

そんな「マッキンゼーマフィア」がまで受験キャリア設計を考えているのか、退職者の評価から引退自体に否定的なイメージが全くなく、むしろ「卒業」に賞賛する組織風土であることを知ることができる。

このような手配ある。

「(やめたのは)何年して、ある程度の初期の目標と目的を達成することができたと思ったから入射目的は、次の目標を達成するための手段に過ぎなかった」(コンサルタント、男性)

“マッキンゼーで成功するのではなく、引退にブランドをどのように活用するかが重要な会社であるため、従業員は基本どのように残すかが重要である」(コンサルタント、男性)

「十分に実行が終わったのですべてがいつかは卒業する前提で働いています。転職に成功している先輩や同期を見ているので、退職の否定的なイメージがありません。性能の理由からやめ場合もありますが、世界では考えているほど多くはありません。」(コンサルタント、男性)

「卒業後、様々な分野で活躍する人材が多く、そのような人々がマッキンゼーマフィアと大きな影響力を持っていることは知っていた。そのアラム年齢コミュニティ(編集部注:企業離職・退職した人の集まり)に入れること自体がこの会社入社するための手段の一つでもあると感じている」(コンサルタント、男性)

「もっと日本企業」の総合商社は「飛躍のために停止する」

ところが外資系企業がトップ10のうち7つを占める結果となったが、30位まで目を広げると、日本企業の中でも、特に離職率が低い総合商社が2個入っている。 三井物産(15位)と三菱商事(21位)である。

厚生労働省の調査(新しい卒業生の就業者離職状況= 2015年4月入社)は新入社員の入社3年目までの離職率は、約30%なのに対し、総合商社は非常に低い数%程度である。 一体どのような理由になったのか。 評価で理由を探ると良い会社だった回想前者したくなる問題点もあったようだ – 。

まず、三井物産から。

「外資系銀行やコンサルティングなどと比較すると、若い成長速度が遅い可能性がある。新入社員時、たとえ順番がくるのが非常にまずなっても大きな仕事をすることができればいいと思っていたが、大学の同期などの周辺では、若かったときにチャンスをつかむ人が増加しており、今のままでいいのか疑問に思った」(企業、男性)

「実力のない20代前半は余裕を持ちながらも、様々なシーン研修、海外派遣などを通じて一気に成長することができますが、後半からは部門や倍速基づいヤレも大きく変化から成長の機会や速度が制限される場合も多くあります。自分の希望と違ったり意義はあるが、成長の機会とやりがいのある組織体制が制限され業務を担当する場合は、同期を維持することが難しく、成長速度も制限」(非管理職の男性)

三菱商事の場合はこうだ。

「底期間が長く、今の若い世代は、考えが合わない現社長は能力中心であり、出芽でますますポストを与えたいと思ったが、ポストの需給が一致せず、裁量権のある仕事をすることができるまでにはまだ時間がかかる今後のポストの増加、能力中心の風土などの条件が揃えばそのような状況にもなるはずだが…」(企業、男性)

「安定した、高待遇ワークライフバランスを考えると、日本でもトップクラスだと思うが、「もっと日本企業」であるが故に、年功序列や官僚組織の風土が著しく内部調整と上司の顔色を見る場面が多い」(営業、男性)

「社内転職制度であるチャレンジポストなどの制度であるが、なんだかんだ続け垂直であり、(入社時についた)背番号を変えにくいなどの業務に変化をもたらし難しいと考えたからである。事業会社に出向もポストへの位置づけが強く、年功序列に配属されているのが実態感じ」(販売、女性)

やはり「もっと日本企業 “ユニークな”年功序列 “と”垂直官僚主義」に耐えられず、新しい世界に飛び出してきた人が多いようだ。

また、調査では、OpenWork退職者の投稿が10件以上の3976個の合計12万3557件の顧客を対象にデータ化した。

(福田男の子)

READ  コラム:ソフトバンクG、米ハイテク株投資に見える "本性" | ロイター

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close