逆風によりビュッフェ式エキスポがチケット販売に打撃を与えることがある

Estimated read time 1 min read
読売新聞
岸田文夫首相が2025年大阪・関西エキスポ開催500日を迎え、木曜日東京港区で行われたイベントで放送された映像メッセージで演説している。

2025年大阪・関西エキスポチケットが木曜日に販売され、イベント開始まで500日が残りました。 しかし雪玉のように吹かれる建設費用と海外参加者展示館の建設遅延などでエキスポに日陰が出てチケット販売がどうなるか懸念が高まっている。

岸田文夫首相は木曜日の夜の前売り券の販売促進キャンペーンに力を入れました。 岸田首相は、東京・港区虎ノ門ヒルズビル団地で開かれた500日記念イベントで放送された映像メッセージで政府が一つになり、「勢いを構築」し、エキスポの準備を推進すると述べた。 岸田さんは「未来を開いていくエキスポを一緒に作っていきましょう」と話しました。

イベント主催者である2025年世界博覧会日本協会は、2,300万枚のチケット販売を目指しています。 協会はこのうち約60%の1400万枚が前売券になると期待している。 これは2005年愛知万国博覧会が目標とした前売券800万枚より約80%多い数値だ。 チケットの収益は、エキスポ運営費の大半(約800億円)をカバーすると予想されます。

しかし、万博の準備過程が不安定になり、辛い批判が出た。

スタジアムの建設費用は、中央政府、大阪府、市政府、業界が均等に分担します。 11月2日には資材価格の急騰などの理由で、最大建設費用の見通しが当初予想値より90%以上高い2350億円に上方調整された。 総コストが増えたのは今回が2回目でした。

日本立憲民主党の辻本清美参議院は月曜日参議院予算委員会会議で今回の印象を非難した。 藤本氏は、「推定値は過度に楽観的であることが明らかになっており、公衆は法案を選択するように残しています」と述べた。 Kishidaはほとんど言い訳をしませんでしたが、政府はコストを「合理化」するための努力を続けると主張しました。

読売新聞が去る17~19日全国調査を実施した結果、回答者の約70%がエキスポ建設費用の暴騰に「不満足」を示した。 海外参加者のための展示館の建設が大幅に遅れており、一部の国ではエキスポが開かれるまで施設が完成しないと予想されています。

協会の主張がオウムのように変わる

混乱の裏面には組織団体の無力さと機能障害がある。 中央政府と大阪府、大阪市自治団体も主導できず、明確なコーディネーターがない。

建設資材の価格は過去2年間急騰した。 このようなコスト上昇に対する懸念が繰り返し提起されましたが、政府はこれらのコストがエキスポプランに記載されている「範囲内にある」という協会の立場を反映しました。 協会執行委員である吉村広文大阪支社など関係者らは、年に4回開かれる協会会議でこれについて特に質問をしなかった。 中央政府は去る8月31日に岸田がエキスポの準備を加速するための政府主導の計画を発表した後、協会に建設に必要な金額を綿密に検討するよう要求した。

経団連会長であり住友化学工業(株)会長である徳良正和協会会長の活躍についても不満が出てきた。 世界関係者は読売新聞に苦しんだ。

愛知博組織協会は、県に本社を置く自動車大手のトヨタ自動車の会長だった豊田昭一郎が率いています。 豊田は企業が前売り券を購入するよう誘導し、博覧会の広報を主導した。

協会事務総長の中村智夫(Nakamura Toshio)は「豊田会長が「こうしよう」と言うと、すべてが所定の位置に戻った」と回想した。

一部では中央政府と地方自治体の願いの関係がエキスポの準備に支障をきたしているという指摘も出ている。 大阪知事と市場は共に執権自民党としばしば対立する野党である日本維新党出身だ。

イシン創設者のトル・ハシモトとイチロ・松井は、大阪がエキスポを開催するように推進した。 両者とも当時、安倍晋三首相、菅吉秀で当時官房長官と良好な関係を維持し、大阪の入札を現実化するのに支持を確保した。 しかし橋本と松井は共に政界から退いた。 吉村知事は岸田と何の縁もない。 5月29日、吉村がパビリオンの準備遅延を克服するために政府に助けを求めたとき、岸田との面談の約束をとるのにかなりの時間がかかったそうです。

大阪府の上級関係者は「もし松井さんがいる間に問題が発生したら、菅さんに早く電話をかけて解決しただろう」と話した。

岸田会長は、財務省の上級官僚を派遣するなど、協会を正常化するための努力に拍車をかけています。 この問題のリーダーとして、キシダの専門知識は今後数ヶ月でテストされます。

損失補償

チケット販売が失敗し、博覧会が赤字に転換された場合、中央政府と地方自治体がこの損失を埋めて博覧会に支出される公的資金も増えると予想される。

2000年にドイツのハノーバーで開催された見本市には、予想訪問者の半分にも満たない約1,810万人の訪問者が集まり、約1,200億円の損失が発生しました。 博覧会が終わった後、中央政府と地方自治体は被害を受けた。

日本政府は2017年4月、運営費が国庫で充当されないという理由で内閣承認を受け、大阪でエキスポ開催を提案した。

政府関係者は「前売りチケット販売が不振の場合、政府は行事規模の縮小、後援金の確保などの措置を通じて赤字を避けるように主催側に指示するだろう」と話した。


大阪・関西エキスポ開催500日を記念して東京スカイツリーに照明が点灯しました。


READ  日本最高の卵会社Ise Foods、インド進出、業界のパンドを変えたい
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours