技術

通勤往復200分の編集が「Jabra Elite 85t ‘を通じて気づい|ギズモ・ジャパン

イヤホンが仕事の生産性を上げる。 もうそんな時代です。

ステイホームとリモートワークの習慣が広がったことで、会議も対面ではなく、リモートの形式で進行される機会が多くなりました。

しかし、リモート会議とイヤホンを使用しない場合、相手の声が聞こえなかったり、コンピュータのマイクが雑音を拾ったりと、音声のストレスが多いですよね。 つまり、リモート会議でイヤホンは必須ガジェット! 今一日中イヤホンを着用しまった人も多いでしょう。

写真中央:ギズモ・ジャパン編集長小田和美

ギズモ織田編集もその中の一人。 1日5件以上の会議をこなし、往復3時間の通勤中にもリモート会議に参加。 とにかく会議に追われるエクストリーム勤務形態をしながら多くのイヤホンを使ってきた織田編集長は「ことこそノイズキャンセリングが必要である」と述べた。

「音楽に集中するためのノイキャン」というイメージが強いが、職場でどのように活用することができますか?

20201211_jabra85t75t_0010
Jabra Elite 85t

今回はJabra(ジャブラ)のノイズキャンセリングに対して完全ワイヤレスイヤホン」Jabra Elite 85t“と”Jabra Elite 75t“を織田編集しようとながら仕事にノイズが必要な理由を聞きました。

「会議だらけで死ぬこと “

20201211_jabra85t75t_0001
写真左:織田編集、写真右:編集部員綱藤(あみとう)

──小田氏は、最近引越しをして、今はかなり遠くから出勤されてますよね?

織田編集(以下織田):会社がリモートワークをお勧めされ、都内で千葉県に引っ越しました。 今は週2から渋谷まで通勤しているので、片道1時間40分ほどだろうか。 往復3時間20分。

──長い! 出勤すると、朝10時に着くことが編集部のルールであるが、概ね8時ごろ家を出ている感じ?

小田:はい。 最近特に難しいのは、会議だね。 私はギズモのほかルミの編集もしているので、もう一日会議だらけだよ。 1日5件以上の会議している日もある。

──小田さんのカレンダーの基本全部埋まってますよね(笑)

小田:リモート会議は家でも参加することがありますが、例えば、9時から1時間遠隔会議があり、その直後の10時から、オフィスで対面会議が入っているパターンもあり。

──家で遠隔会議している10時に間に合わないと。

小田:グロンゴヤ。 私のカレンダーは移動時間や気なしに会議を入れてしまうのだから、仕方なく通勤中の電車では、リモート会議に参加することもあります。

ことこそノイズキャンセリングが必要

──電車の中で遠隔会議ですか…しかし、声は出せないのですか?

小田:誰もがDiscord(ディスコード、音声およびビデオ通話が可能なチャットアプリ)で会話している中で、自分は人の声をイヤホンで聞きながらテキストで発言している

20201211_jabra85t75t_0006

──なるほど、いわゆる聞い専用ですね。

小田:後乗り換えが多いので到着時間も揺れることができている。 前回電車が止まってしまったが、乗り場のベンチで「Jabra Elite 85t」のノイキャᆫルル使用して会議に参加しました。

──乗り場は、あまりにうるさくないですか? 通常会話するだけでも、声が聞こえて難しいと思いますが….

小田:それが、確かにノイズができた。 ノイキャンを選択しておくと、ホームもすべての声がよく聞こえた。 特に、常に乗っている列車は急行や特急が多いが、そのような電車は停車駅が少ないほど速度が出てくるので、騒音が大きいですね。 引っ越してから気づいたが、都内の地下鉄の騒音とは別の種類であると言う。 それでも85tのノイキャンはよく効果があり、ここでの声も問題なく到着していたので、マイクの性能もさすがJabraという感じだった。

──列車騒音の違いは最初の意識しました。

小田:オフィスについても継続イヤホンを着用していたが、「Jabra Elite 85t」はずっと着けていても疲れたよ。 85tは密閉型ではなく半オープン型と耳をふさいでいるような閉塞感がなく、気軽に身に着けていているんだ。

20201211_jabra85t75t_0002

──ノイキャンという音楽に集中するために使用するイメージが強いですが、仕事の相性はどう感じましたか?

小田:ギズモ編集部の会議は、すべてブツブツ言う(笑)? 音の成分で周囲の騒音に埋もれてしまいますね。 列車のように騒々しいシーンであり、ノイキャᆫガとないさて聴力が全く違う

──リモートワーク環境と周りに家族がいて、大きな声で話すことができない編集部員もするんです。

小田:もちろんここでは電車に乗っていて聞きにくい状況にあるから、そこには技術を活用して、ここで互いに譲歩したほうがよい。 私の方から「今電車に乗っているので、大きな声で話して!」と言うのは違うからね(笑)。

──なるほど。 ノイキャンと呼ばれる技術を利用して、円滑な業務コミュニケーションを実現できることですね。

フラッグシップ「Jabra Elite 85t」は人に優しいノイキャン

20201211_jabra85t75t_0008

──JabraElite 85tはノイキャン専用チップを搭載し、12mmの大きなドライバマイクの数も左右3本ずつとハイスペックです。 実際使ってどうでしたか?

小田:私もいくつかのノイキャンを試みたが、 “Jabra Elite 85t「かなり強力にノイズを消去することができんだなと思った。ノイキャンという本来はリスニング体験を向上させるための機能であるため、それを仕事に適用する特殊なケースかもしれないが、列車の乗っているの乗っていないような経験は確かに味わうしかもJabraのノイキャンなんかソフトノイキャン何でしょう。 機械的ではないか、耳に優しいというか。

──というと?

小田: 以前のノイキャンという、いわゆる「ノイキャンされた沈黙」というか、ちょっと不自然に聞こえることができている。 それElite 85tは感じなかった。 残りは経験的な部分とノイキャンを選択すると、遮断器を落としトゥリンワのように突然ミュートされるのではなく、緩やかなミュートされていることが気に入っところだろうか。 これも「Jabra Elite 85t」のノイキャンが柔らかい感じわけなのかも。

──人にもたれている感じですね。

小田:じっと混雑が自然であるか、アプリシーンごとにノイキャンの強度を設定することができても、そのように感じる理由だろうか。 シーンの設定は、「通勤」モードがあり、日常的に使用している人のためによく考えてと思います。 そして、Jabraイヤホンは2台の端末と同時接続しておく再生した方の端末に自動的に変わるだろう(マルチポイント対応)。 これは本当にありがたい。

──もちろん、通勤時間は、スマートフォンが、会社では、PCに接続したいと思いますね。

20201211_jabra85t75t_0005

小田:そして、やはり、物理的ボタン、これだね。 電車に乗っていると、タッチ操作と操作するかどうかがわかりにくい時がありますが、物理的なボタンは、指の意見があるので、確実に高い。物理ボタンのオンボード精密ノイキャンイランは持ったが、私のニーズにもマッチしたイヤホンだ。

Elite 75tとElite 85tの違いはノイキャンよりフィット感

20201211_jabra85t75t_0011
Jabra Elite 75t

──以前のモデルの「Jabra Elite 75t “に2020年10月21日無料アップデートノイキャンが追加されました。 織田氏は85tと75tの両方を使用してましたが、いかがでしたか?

小田:Jabra Elite 75t」のノイキャンは「Jabra Elite 85t “に劣らない強度がありますね。 「Jabra Elite 85t」と最も異なる部分は、口実だろうか。 「Jabra Elite 85t “セミオープンタイプであるのに対し、「Jabra Elite 75t」は最後まで密着させるタイプだからフィット感と密閉感は「Jabra Elite 75t」のほうがカッチリした感じ。密閉感の高さが音質とノイキャンに強く影響を与えたい。

20201211_jabra85t75t_0012
写真左:Jabra Elite 75t、写真右:Jabra Elite 85t
Elite 75tの方が85tに比べて音導管の部分が長く、耳の奥まで入るようになっている

──のいずれかを選ぶとしたら、フィット感にになりますか?

小田:うん。 すべてノイキャンの性能は高いが、あえてお勧めするとすれば、長時間の着用して作業している場合セミオープン型の「Jabra Elite 85t “短時間に集中して作業したい次に、「Jabra Elite 75t」という感じだろうか。

20201211_jabra85t75t_0003

──2機種の音質面ではどうでしたか?

小田: 「Jabra Elite 85t」は12mmドライバーを搭載しており、「Jabra Elite 75t “2倍のサイズであるよ。だから、ノイキャᆫルル歩いても音に余裕があり、広がりあるサウンドで聞かせてくれるのが強み。ただ、個人的には「Jabra Elite 75t 」の優先だっただろうか。 また、スマートフォンのキーボードのフリック音だけでああ、やこれと思う(笑)。 フリック音が鮮明に感じられ気持ちよかったですね。

──75tの方が耳の中に入っているおかげで、音の輪郭を明確に感じられるかもしれませんね。

織田:はい、そんな感じ。 だから音楽を聞いたとき締めサウンド感じられる。臨場感と音場の豊かさを重視なら “Jabra Elite 85t”キレのあるスネアやタイトなビート感この場合は “Jabra Elite 75t「が抜けるように思える。すべてとても良いので、実際に比較してみてほしい。

Jabraイヤホンで持ち物の考えが変わった

20201211_jabra85t75t_0009

小田:今回のJabraイヤホンを使用しており、変心した部分がありますが、最近の私のってかなり大きな荷物に移動しており、ね(5Kg近いゲーム用PCを担いだり、小麦スペックアクセサリーに固定したり)。 それより軽量化するというか、Jabraを使用してからは、最低持ち物を憧れになった。

──それはなぜ?

小田:Jabraイヤホンは、音楽を聴いてだけにとどまらないんだと思う。 ギズモの “ガジェットメーカーおら」という企画では、話が印象的だった.Jabraと元の補聴器とヘッドセットを作ってきた、デンマークを代表する企業のブランドでのストレスが少ない製品を世界中に提供して長い歴史を持ってのでコンパクトなのに機能的で、一ついろんなことができる。彼らは作業できるようにしてくれているのは嬉しい、そのような環境に身を置きたくなったんですね。 だからJabraイヤホンとiPadだけを持って移動するような、そんな手ぶらワークスタイルもスマートで魅力的であると言う。じゃブラ手ぶらということで(笑)。

──最後に精通し言っていただきありがとうございます(笑)


まさに最後の言葉通りJabra手ぶらすなわちミニマルと機能性の両立こそJabraイヤホンの特色だと思います。 ワイヤレスイヤホンとマホほど常備するものであり、どうせなら様々な用途に使用してその後でしょう。 もちろんリスニングに妥協も一切なく。

Jabra Elite 85t(Amazonでチェックされる方は、ここ) “と”Jabra Elite 75t(Amazonでチェックされる方は、ここ)「価格は違っても、すべてを選択する理由があるイヤホンです。通勤電車をリモート会議場で作るなんて、これぞ働く方法革命であることは?

出典:Jabra(12

Photo:小原啓樹

READ  Ratchet&Clank:Rift Apartが16分の新しいゲームプレイ映像で驚くほどに見えます。

Nakama Shizuka

"フリーランスの学生。微妙に魅力的な料理の達人。トータルベーコンの先駆者。旅行の第一人者。自慢のオーガナイザー。"

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close