技術

連邦の見通しに不安な成長主として日経の下落

東京、11月24日(ロイター) – 水曜日、日本の日経指数は、米国連邦準備制度(Fed・連준)が上昇するインフレ恐怖に対処するために緊縮政策を加速するという懸念で、成長志向主義株価が下落し下落した。 。

ジョー・バイデン米国大統領は月曜日、ジェローム・パウエル連邦準備制度(Fed・連준)議長を4年任期に指名し、ラエル・ブレイナード(Lael Brainard)を副議長に指名した。 もっと読む

三菱UFJの藤弘富士藤先輩投資戦略家は、「市場がこれらの指名自体に反応するわけではない。 モーガンスタンレー証券。

今すぐ登録してreuters.comへの無料無制限アクセス

価値の高い米国の技術株式は、過去2つのセッションの間に下落し、火曜日に祝日に休業した日本市場で同僚を襲った。

Nikkeiの平均(.N225)は1.0%下落しましたが、より広い範囲のTopix(.TOPX)は0.7%下落しました。 トピックス成長指数(.TOPXG)は1.4%下落したが、トピックス価値指数(.TOPXV)は0.1%上昇した。

予想収益の60倍以上に取引されているインターネット会社Z Holdings(4689.T)は5.5%下落したのに対し、医療プラットフォーム事業者M3(2413.T)は4.5%下落しました。

リクルートホールディングス(6098.T)は3.0%、ハイテクグローバル株式比重が高いソフトバンクグループ(9984.T)は2.7%下落した。

半導体関連株式もアドバンテスト(6857.T)2.9%、スクリーンホールディングス(7735.T)2.3%、レーザーテック(6920.T)1.9%下落した。

一方、ドルに対する円安は、一部の自動車メーカーを引き上げ、米国債の利回りが高まるにつれて、価値は上昇しました。

三菱モーター(7211.T)は5.6%、日産モーター(7201.T)は4.3%上昇しました。 トヨタ自動車(7203.T)は2.1%を追加した。

金融株の中ではSMFG(8316.T)が2.5%、三菱UFJ(8306.T)が0.9%上昇した。

資源関連企業も原油価格の反騰に支えられて上昇した。

トレーディングハウスの丸紅(8002.T)は3.6%、三井&Co(8031.T)は2.8%上昇しました。 住友金属(5713.T)は3.1%上昇した。

他の場所で東芝(6502.T)は2大株主が3社に分割しようとする日本大企業の計画に反対したとロイター通信が報道した後1.0%下落した。 もっと読む

今すぐ登録してreuters.comへの無料無制限アクセス

佐野秀之の報告 Rashmi Aichの編集

私達の標準: Thomson Reutersの信頼原則。

READ  Sonyの最新PS5ファームウェアの更新でシステムパフォーマンスの向上

Nakama Shizuka

"フリーランスの学生。微妙に魅力的な料理の達人。トータルベーコンの先駆者。旅行の第一人者。自慢のオーガナイザー。"

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close