経済

連邦政策会議の前に日本証券市場の下落を締めくくる

TOKYO:火曜日、日本証券市場は、景気扶養策の縮小と金利引き上げ計画についてさらに明らかにすることができる重要な米国連邦準備制度理事会(Fed)会議を控え、投資家たちがさまよって下落傾向に締め切りました。

日経平均株価は0.43%下落した29,520.90で、執権連盟である岸田文雄(Fumio Kisida)首相の連合勝利以後6月以後最大日々上昇幅を記録した。 より広いTopixは0.64%下落した2,031.67を記録しました。

Rheos Capital WorksのトレーダーであるYuya Fukueは、「市場は、連邦がテーパリングで何をするかを探しています」と述べた。

「11月は株式に良い月である傾向がありますが、連邦のテーパリング速度が予想より速いと、株式市場は脆弱になる可能性があります。」

ヨンジュンは日本市場が祝日で休場する水曜日二日間の会議を終え、政策決定を発表する予定だ。

国内実績も市場に負担となった。 化粧品メーカーが残念な四半期実績を発表した後、Pola Orbisが6.8%下落したためだ。

造船会社Hitachi Zosenは6.6%、製薬会社Kyowa Kirinは実績失望で6.4%下落しました。

トレーディングハウス三井&Coは、四半期の業績がアナリストの予測に準拠してから4.0%下落しましたが、競合他社の丸紅はコンセンサスを上回る実績から3.4%上昇しました。

その他、電子部品メーカーであるTDKと京セラが実績好調でそれぞれ8.7%、5.3%上昇した。

デクセリアルズは光学・電子素材メーカーが強い黒字を出し、配当金の引き上げと自社株買取計画を発表した後、1日の限度である21.4%まで上昇した。

それにもかかわらず、下落税は上昇税より3:1の割合で数的に多く、Topix 33産業下位指数の4つを除いて、すべてが赤字にありました。 多様な株式が市場休暇を控えて差益実現の圧迫を受けたからです。

READ  ロシアの鉄道、日本とのスタートアップをベースに医療センター設立計画-Business&Economy

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close