世界

連鎖殺人魔が残した謎半世紀の間、誰も解かれていないパスワードがついに明らかになる| Rolling Stone Japan(ローリングストーン・ジャパン)

51年間誰も解かなかった連鎖殺人魔の星座パスワードのいずれかを解明する鍵が、12月初めに米国・オーストラリア・ベルギーの一般人で構成され、復号化チームによって発見された。 解読されたメッセージの正当性は、米国のFBIも認めている。

星座の声明」Z340」(340アルファベットと記号が並んでいるので、このように呼ばれる)は、最初にサンフランシスコ・クロニクルに送ったのは1969年11月。 その他の一連の暗号、脅迫状の証拠(被害者の服の部分)と一緒に新聞社に送ってつけられている。

暗号化プロセスは、事件当時解読されたが、「Z340」は、51年間解読されていない状態だった。 しかし、今回、米国のデビッド・オランチャック氏、オーストラリアのサムブレーキさん、ベルギーのローヤルファンアイクさんがブレーキ氏が開発した解読ソフトウェアを使用して再復号に挑戦した。

オランチャック先週投稿したYouTubeの動画で解読に至るまでの過程とそう時間がかかった理由を説明した(ゾディアック事件の犯人は、スペルが良くなかったことに加えて、このパスワードでも文字の配列ミスをした)。

【動画】判読できないことが知られ、暗号化を論理的に解決していく

最後に、復号化が解いた文章は次のよう:

「すべて私キャッチ楽しみか.TV番組に出演して、私どうのこうの話題にしている人物は、私ではない。私はガス室送りになるのは怖くない。天国に行く時期が早まるだけで、私のために働いて奴隷たちが大挙いるからある。他の人は手ぶらで天国に行くので、死を恐れている。私は死を恐れていない。なぜなら私は新しい人生は空で、死を迎える快適生活だからである “

(TV番組の件は、1969年10月の星座の事件の犯人を詐称した人物が、サンフランシスコの朝TV番組に出演してマービンベリー弁護士と話をした一件のことを指す)

オランチャック氏は、今月初めにFBI 3人の成果を提出した。 その後、FBIは暗号化されたと認めた。

ニューヨーク・タイムズの取材にオランチャック氏はこう答えた。 「その暗号のメッセージは、警察の助け代理はないと思われます。これまでのような犯人が勝手に書いたくだらない内容です。人を傷つけるし驚かせだけ “

ブレーキさんもこう付け加えた。 「このパスワードは暗号化業界の聖杯として位置づけられています。これまでの50年間攻略されなかったので解決の糸口を見つける努力は誰も一大事業でした……私たちは幸運だった広大な砂漠でダイヤモンド粒子を把握することができるだけでなく、ダイヤモンドを探し始めに適切な砂漠を選び出せたものです。」

干支のは60年代後半から70年代初頭のベイエリアでは、少なくとも5人が死亡したことが確認されている。 犯人の身元はまだ知られていなかった。 1970年4月に残された謎の13文字パスフレーズ(「私の名前は……である」で始まるメッセージが表示さ)は、今も解読されない。

ローリングストーンアメリカ

READ  アングル:シンガポールコロナ死者が世界最小の理由| ロイター

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close