経済

遅い展開で日本にたまった未使用COVIDショット

2021年3月5日、日本の東京にある東京メトロポリタンがんと感染症センター駒込病院にコロナウイルス性疾患(COVID-19)に対するワクチン(COVID-19)ワクチンが入った注射器が展示されています。 ロイタースを通じた角良和/フル

日本で使用していないCOVID-19ワクチンは、今後数週間のうちに二度の注射をより承認する準備ができており、人材、物流のボトルネックが原因で接種キャンペーンの速度が遅いため、数千万接種に達すると予想されます。

日本は4月末までPfizer Inc(PFE.N)COVID-19ワクチン2,800万回を輸入したが、これまで備蓄量の15%だけを使用し、残りの2,400万回は冷凍庫に保管していました。

日本のワクチンの供給は、規制当局が5月20日モドやInc(MRNA.O)とアストラゼネカPlc(AZN.L)が開発した注射承認の決定を準備しながら、急激に増加すると見られる。 NHKは木曜日遅く報道した。

Modernaワクチンの最初のバッチは、すでに到着しAstraZeneca注射の約3万回が現地国内パートナーによって準備されています。

ファイザー出荷も今月と来年の3,500万回以上に加速される予定である。

しかし、このすべての供給に対抗して、日本は夏のオリンピックを準備しながら、アジアで最も大量のCOVID-19ワクチンを確保しました。 医療従事者や高齢者に400万回以上の投与された。

現在までに人口の2.2%に過ぎず、豊かな国の中で最も遅いレベルであり、政府は7月までに3,600万人の高齢者を接種するという野心的な目標を持っています。

この目標を達成するために、日本は一日に約80万件の注射を満たす必要がありと政府が政府にキャンペーン速度を促すために、これは今までで最も良い日より2倍以上速い速度です。 もっと読む

ワクチン担当大臣河野太郎(Taro Kono)は予防接種の予約システムに障害があり、大都市の需要が容量を超過したと語った。

河野は、金曜日の記者とのインタビューで、「コールセンターの従業員のように自治体職員が本当に一生懸命働いているので、人々が可能な限り不満を提起しないようにお願いします。」と言いました。

日本はほとんどの主要経済国より遅れて02月に予防接種を開始し、主に人材を中心とした物流の障害が原因で、キャンペーンの速度が鈍化しました。

東京南部神奈川県の医師であり、研究のKazuaki Jindaiは約2万人の医療従事者がまだ2回注射療法の最初のショットを待っており、これにより、医療界に若干の不満が生じたました。

まだ2番目のショットを待っているJindaiは「状況が非常に透明ません。」と言いました。

政府は国防部に5月24日まで、東京と大阪に大量接種場所を設けるように指示した。 しかし、一般の人が接種を受ける時期はまだ決まっていない、いくつかの医療専門家は、冬やそれ以上までかかると予想している。 もっと読む

AstraZenecaとKonoのオフィス代表は承認スケジュールのNHKレポートのコメントを拒否しました。 モドやワクチンの輸入を扱っている武田製薬(4502.T)は、すぐに対応していなかった。

私たちの基準: Thomson Reutersの信頼原則。

READ  軍事クーデター、ミャンマーの低迷した経済に別の打撃»Albuquerque Journal

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close