経済

選挙と経済成長との間の変化の相関関係

高橋哲時は2017年4月から2021年3月までに日経中国支局長を務め、北京日記コラムの作家だった。

自民党が率いる日本政府は、今年の夏景気浮揚策を、秋には中原選挙を発表する予定だったが、最近では、これに対する話がほとんどない。

菅義偉首相は、おそらく次のようなゲームプランを念頭に置いていたのです。 経済を浮揚するための一連の景気刺激策を展開します。 少しの勢いが残っている間に、下院を解散してください。

しかし、シュガーの計画は、伝染性が強いコロナ19デルタの亜種の急速な普及に霧散され、これらの急増に政府が移動制限を解除することは不可能だった。

一方、日曜日横浜市長選挙で菅の全面的な支持を受けた前公安局長小此木八郎の惨敗は、政治的な展望がどのよう不確実かを見せてくれた。 自民党の独自の大統領選挙と参議院選挙が近づいている。 あまりにも多くの暗い見通しに直面しているし、政府は、効果的な景気刺激策を策定する時間がありません。

2020年度国家予算は3回の補正の結果全175兆円(1兆5900億ドル)に増え、政府は未知である30兆円以上を現会計年度に繰り越すことになった。

選挙工作でしか解釈できない刺激パッケージは、現時点では不要である。、 “ Itochu Economic Research InstituteのチーフエコノミストであるAtsushi Takedaは言いました。

政治景気循環理論は、何よりも、米国のノーベル経済学賞受賞者であるウィリアム・ノードハウス(William Nordhaus)によって仮定された。 選挙が迫っていると、政権与党が景気刺激策を講じることが前提と敷かれている。 ここでは、より攻撃的な財政政策と中央銀行により受け入れた金融政策を採用するように圧力をかける圧力が含まれます。

その逆は、選挙に続く。 政府は景気過熱を防ぐために、財政と金融政策を強化するしかない。 結果的に経済は、選挙を控えて上がって、その後は下落します。 これが政治景気循環が表示される方式です。

この理論は、4年ごとに開かれる大統領選挙と企業活動の相関関係を説明するために、米国で開始しました。 米国経済は、選挙期間に頂点を撮って、それ以降は鈍化するということは広く観察された。 民主主義の基本である選挙が景気循環に影響を与えるという考えはそれなりに説得力がありました。

しかし、最近コロナ19ファンデミクにこの理論が不足しました。 民主主義国家は、コロナ19抑制にも没頭して選挙の時期に合わせて経済政策を調整していない。

米国でJoe Biden政権は、大規模なインフラ投資に重点を置いた2兆ドル規模の米国雇用計画が執権するとすぐに施行しました。 デルタの亜種が引き続き激しくなる場合は、追加景気刺激策が必要になることがありますが、次期大統領選挙がまだ3年以上残っ当時政権は新たな対策のためのアイデアが枯渇することができます。

皮肉なことに、政治景気循環を最もよく示す国は共産主義者が支配して民主主義の資格がない中国であることがあります。

5年に一度開催される中国共産党全国代表大会は国の最高指導者を選出するイベントです。 中国の成長率は、議会年度に上昇する傾向があります。 実際に2017年大会が最後に開かれたとき、中国の年間成長率は6.95%で、7年ぶりに増加した数値だ。 2020年には2.3%に落ちた。

中国の次期20回党大会は、2022年の秋である。 前例のない3線に挑戦する習近平主席に重要な瞬間である。 北京は景気浮揚を最優先事項にしています。

COVID-19デルタ変種により、欧州、日本、米国の経済見通しが暗くなりに応じてワクチン接種率が高くても、中国は5年ぶりに開催される議会が迫ったことにより、新たな高成長に向けた過程にあります。

READ  楽天スーパーSALE 9月4日20時から開催! 楽天モバイル楽天回線のSIMフリースマホ「AQUOS sense2」などが最大81%OFFで - S-MAX

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close