郡監督官、Cupertino Japan Bowlチャンピオン選定 – The Mercury News

1 min read

フラッシュセール
この取引をお見逃しなく


標準デジタルアクセス

クパチーノ高校日本ボールチームのメンバーは昨年、全国大会でラウンドの間で1位2位と3位1位を占め、楽しい時間を過ごしています。 Cupertinoは今年、Japan Bowlでも1位2秒を占めて強勢を続けました。 チームメンバーは6月3日、サンタクララ郡監督委員会から認められました。 (写真提供)

Cupertino高校生は6月3日、サンタクララ郡監督委員会から日本語能力を認められました。

クパーティーノ高校チームは、ワシントンDCで4月18日から19日まで開催された第32回National Japan Bowlで1位と2位を占めました。 毎年春、ワシントンDCの日本 – アメリカ協会は、大会のために日本の首都として来た日本最高の高校日本語学生200人を歓迎します。

今年の大会では、同じ郡の3つの学校があるレベルで上位3位を席巻した最初の大会でした。 高校2年生の日本語クラス入学生選抜競争では、サナージェイ・リンブルック高校が1位を占め、パロアルトガン高校が2位、クパチーノ高校が3位を占めた。

また、現地の3チームは、3年目の日本語学習に登録した学生のためのレベル3大会と、4~5年目の日本語授業やAP日本語に登録した学生のためのレベル4大会でも良い成績を収めました。 Cupertino Highはレベル3で1位、Lynbrookが2位、Gunnが4位を占めました。 Lynbrookはレベル4で先頭を走っており、Cupertino Highは2位、Gunnは4位を占めました。

2023 Japan Bowlでは、Cupertinoはレベル3と4のコンテストで1位、レベル2のコンテストで3位を獲得しました。 詳細については、次を参照してください。 https://japanbowl.org/32nd-national-japan-bowl

マーキュリーニュースでもっと見る

READ  日本が栄養改善のために28億ドル相当の援助を提供
Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours