世界

部分的にロック従う、ドイツのクリスマス限定の緩和? ! (神木桃子):J-CAST会社ウォッチ[전체보기]

「少なくともクリスマスだけは大切な人と過ごすことができるよう「 – ドイツに住んでいる多くの人々は、そのような考えを抱いて今を克服しようとしているのかもしれません。

新型コロナウイルスの急速な感染再び拡大を受け、2020年11月2日から、ドイツ全域で実施される「ロック」レストランや娯楽施設が閉鎖され、宿泊施設では、観光客の受け入れが禁止されるなど、再び人の動きがかなり制限されています。

しかし、春のロック時には、いくつかの業種に限られていた小売販売は衛生対策を遵守するために業種を問わず続けている。 学校や幼稚園も引き続き開いているので制限の範囲は、「部分的に」です。

  • 屋外でもマスクの着用義務が定められている地域もある(筆者撮影)

  • 屋外でもマスクの着用義務が定められている地域もある(筆者撮影)

部分ロックに分かれて明と暗

週末にデュッセルドルフ市民から親しまれている常設市場、カールスプラッツに足を運んでみると、以前と変わらず賑やかな様子。 いつもと違うのは、食事スペースが閉鎖された市場の周辺でテイクアウトした食事を道端で食べる人が多いこと。 1.5メートルの間隔保持も見られなかったようだ。

買い物客で混雑常設市場では、テイクアウトの注文行列があった(筆者撮影)

買い物客で混雑常設市場では、テイクアウトの注文行列があった(筆者撮影)

ところが、そこから少し足を伸ばして観光客の目的のビールレストランが並ぶマルクト通りに向かってみると、水を張ったかのように静かです。 テイクアウトをするお店がありますが往来がまばら以前のロック時を彷彿とされます。

今回も臨時休業の影響を受ける企業や自営業者などは、損失の75%を補償する経済援助を受けることができますが打撃はかなりのもの。 部分ロックの姿を伝えるニュースでインタビューを受けたレストランのオーナーの「これ以上は……」と言った悲痛な姿を覚えて、胸が苦しくています。

これまでの教訓を生かし維持することができるところはそのままに、「部分」に制限を追加ロックが果たして功を奏しているかどうか。 多くの人々の犠牲と負担に今が行われ、その現実をコロナ災害は突きつけています。

コロナ災害でもストライキに基づいてアップ合意

事実、部分的にロック導入前の10月に、ドイツ各地でストライキが頻繁に行われていました。 これは労働組合」ver.di(ヴェルディ)」(組合員約200万人)の要請によるもので、公共交通機関、医療福祉などの公共サービスに従事する様々な職種の人々が参加しています。

地域によってストライキの時期と内容は異なりますが、私の住むデュッセルドルフ市は平日の10月8日、15日、19日、20日の4日間に渡って警告ストライキが実施されて地下鉄やトラム、バスが一日中運行。 そのほかにも、市議会と州庁、病院、ゴミや年金保険などの分野でのサービスが停止しました。

「何もこのような時期にしなくても」とストライキに慣れていない身としては考えてしまいますが、ストライキをする側のドイツ人に言わせれば「こんな時こそ」なのです。ホームオフィスもよくできず、感染の危険にさらされ、社会システムを維持するために仕事を続けて日々。正当な対価を要求する権利があります。

今回ヴェルディは年間給与を4.8%増額することを要求。 団体交渉の結果、ドイツ経済が5.4%減少する中で、最低賃金区分は4.5%、最高賃金区分も3.2%切り上げを占めました。 また、医療や介護の分野で集中治療手当や看護手当などの支給が合意された年間最大1,800ユーロの収入増加につながる結果。 優秀な人材を確保することにつながるものと期待されています。

もちろん、コロナ流行で財政が困窮した中でストライキを実施するという強硬手段をとったことに批判の声も高まっています。 しかし、厳しい労働環境に置かれている当事者が声を上げて労働に相当する対価を受けなければならない。 これは社会の摂理で正直な姿がないでしょうか。 これからどんなに不透明な状況が続いうも、今回のような結果を導き出す、ドイツなら救済の手で取りこぼさことはできないではないか。 そのような考えすら抱かます。

今年は例年のように、クリスマスマーケットは望めない(筆者撮影)

今年は例年のように、クリスマスマーケットは望めない(筆者撮影)

部分ロックは当初、11月2日から11月末までに期間をおいての措置だったが、まだ収束の兆しは見えず、12月20日まで延長が決定しました。 12月1日から22日まで集まることが2世代は、最大5人までに制限されます。 12月23日から1月1日までに集合最大10人まで集まることを可能にするクリスマスだけの特別な可能です。

ドイツ人へのクリスマスは日本人にお盆やお正月のようなもの。 普段は離れて暮らす家族が集まって一年に一度の重要なイベントです。 少しのリスクを背負ってますが、その機会を奪う余裕がない州や連邦政府の判断なのです。 すべてが一時もさよならの時間を過ごすことができるようそう願ってやみません。 (神木桃子)

READ  中国共産党と関連付けられたアカウントは、ソーシャルメディアでのインドのCovid危機を嘲笑しました。 逆効果

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close