世界

部品の70%を外部に依存するトヨタが「数時間分の在庫 “しか持たない理由”常駐危機」が技術力を強化| PRESIDENT Online(プレジデントオンライン)

新型コロナウイルスの影響で自動車産業は危機にある。 しかし、トヨタは最近の四半期決算で黒字を記録した。 なぜトヨタは何もビクともしない。 ノンフィクション作家はず秩嘉氏の連載「トヨタの危機管理「第6回は、「常駐危機の生産現場」 – 。

写真= Avalon /時事通信フォト

2020年4月29日、フランスヴァランシエンヌのトヨタ工場でフェイスマスクを着用した作業者が作業をしている。 ヴァランシエンヌのトヨタ工場では、4月23日から流行予防のための努力をして生産を再開している。

製造現場で在宅勤務はない

危機と、日頃から実施しているトヨタ生産方式は、生きています。 リン(緊張した無駄のないことを意味)の生産体制であるため、部品調達を柔軟にする素地がある。 たとえば、他社が2週間の部品の在庫を持っているとする。トヨタならライン側面そく株は数時間分である。 常に緊張感を持って部品を調達している。

「ここがダメならそこに住んで」と変化に慣れている。

もう一つは、顧客中心の考え方である。 トヨタ生産方式に基づいて仕事をしている協力会社の感謝が身に染み出てくる。 部品の70%を外部に依存しているトヨタは、協力会社、販売会社、地域社会なし存続することができないと明らかに理解することになる。

だからトヨタの人​​間は、危機と、地域や社会に支援を行う。

トヨタ生産方式と呼ばれる日常は危機に強いシステムを作る基礎である。

長いトヨタ生産方式を電波セクションにいたシニア生産責任者の友山茂樹は「トヨタ生産方式は、危機に機敏に対応すること」と述べた。

「新型コロナ危機は、これまでの災害危機、経済危機とは少し様相が違いました。災害であれば、工場、壊れた施設を直せばいい。経済危機で自動車が売れなくなったら、プロモーション方法を投票する手があります。今回は本当に目に見えないウイルスが的に人の流れ、物流も止まってしまった。さらに、会社に出てはいけない製造業の生産現場では、在宅勤務などできません。そして、それがグローバル一斉に起こった……」

在庫が少ないため、不足していることがすぐ分かる

「トヨタ生産方式は、リーン生産システムです。今回は完成車の調達部品もパイプラインを注視しながら、生産対策本部から「接続」仕事をする時間でした。

危機時の原則は、売れる地域が売れる商品を作ることができる場所にする。 これは部品も同様。 ただし、これはかなり難しい。 膨大なサプライチェーンがあるので。

たとえば、フィリピンで作っていた通信システムの機器が障害になって置換生産する場所と国を探して接続するのが最も大変でした。 企業が2週間の部品を持っている場合は、私たちは、サプライヤーの在庫を含め​​てもわずか3分しかない。 3日後の生産を今日決定するという感じが続きました。

READ  トランプ本当容体は...医療チームの説明に混乱感染冒して選挙活動強行? :東京新聞TOKYO Web

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close