理科

都内保健所アンケート40%以上が「調査検討する必要が ” :東京新聞TOKYO Web

感染拡大防止を目的として実施されている新型コロナウイルス感染者の行動キャリアと感染経路の調査について本紙が東京の31保健所にアンケートした結果、40%以上の13保健所が「再検討しなければならない」と答えた。 国内で初めて感染が確認された後、7ヶ月半余り。 調査が保健所の重い負担となっている実態が浮かび上がった。 (松尾博、小野沢健太)

調査は8月下旬、23区保健所設置市八王子市、町田多摩・島しょ地域の業務を担当する市の6保健所を対象に実施。 「忙しいの回答が難しい “とした杉並区を除いて、30保健所からの回答があった。

感染が再び拡大した7月以降の感染経路が明らかになった割合を尋ねたところ、約70%の21保健所が「半分」と答えます。 中央区、品川区、中野区、町田の4保健所は「20〜30%」と、より少ない。 複数のクラスタ(感染者集団)が発生した足立区以外文京区渋谷区の3保健所は「70〜80%」だった。

パスをたどることができない理由は、「患者の協力と記憶に依存するところが大きい。外国人の場合、言語の壁もある」(足立区)」に連絡がされていない場合が少なくない」(中野区)との意見が出てきた。

調査の見直しを要求することは千代田や新宿など13の医療センター。 すべての調査を終了し、高リスク集団やクラスタ対策等の調査を絞ることを要求する意見が少なくない。 検討の言及はありませんが、「現在の方式は負担が大きい」(練馬区)」の患者がさらに増加し​​たとき、どこまで調査することができるか知ることができない」(板橋区)など難しいのが実情を訴える技術も複数あった。

政府は現在、調査検討を含む感染法の措置をどのようにすべきかの検討を開始した。

◆長期化見つめ体制づくり急い

ここまでの感染者が増加すると、現在の体制で感染経路を徹底的に調べて封鎖難しい – 。 多くの保健所の回答でそのような実情が浮かび上がる。

都市は4月以降、各保健所の業務をサポートするために、最大130人の従業員を派遣している。 しかし、「ドナ他部署からの応援を含む、現在の人員で十分ですか?」という問いに、19個保健所が「いいえ」と答えます。 多くの保健所が「従業員の労働時間の抑制と祝日確保」「融合の将来を見通せない業務と人材の計画を立てるのは難しい」の悩み聞いた。

新型インフルエンザの流行以来、2010年、知識人会議がまとめた厚生労働省への提言に感染対策に関する保健所などの体制の大幅な強化と人材育成、検査体制の強化が含まれていた。 しかし、「医療職事務職も即戦力の人材不足」(多摩立川保健所)などの回答で国が感染のために準備を軽視してきた側面が浮かび上がる。

都内の感染者数は合計2万1000人を超え検査件数の多い日には約7000件にのぼる。 感染収束の見通しが立たない中で、コロナウイルスの最前線である保健所の疲弊は限界にある。 「保健所崩壊」を起こさないためにも、効率的な調査およびその他の業務の減少、人員と予算の拡充など感染拡大の長期化に備えた根本的な対策を急がなければならない。(松尾浩)

国際医療福祉大大学院和田浩司教授(公衆衛生)の話忙しい保健所の実情を考えると、このような認識は、理解することができる。 感染状況に合わせた柔軟な対応が求められて重症化しやすい高齢者施設の入所者を好むなど、戦略的に調査を進めている。 自治体が連携して円滑な調査が行われた経験と技術を共有して拡散防止のための効果的な調査を実施したい。

行動キャリアと感染経路の調査検査で感染者が発見した後、保健所は感染者において症状や行動の有無、接触した人を聞く感染拡大防止に努める。 正式には「積極的疫学調査」と国が都道府県等に出した実施要領は、感染者だけでなく、濃厚接触者も調査の対象となっている。


READ  JAXA | GITAIとJAXA世界初の「宇宙作業ロボット事業」の創出のためのビジネス概念工廠活動を開始

Mochizuki Masahiko

ソーシャルメディア実務家。極端なトラブルメーカー。誇り高いテレビ愛好家。受賞歴のあるポップカルチャーホリック。音楽伝道者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close