トップニュース

重要度「緊急」の脆弱性への対応と、Office 2010の最後の更新が含まれている10月の月例アップデートを公開| マイクロソフト| トレンドマイクロis702

ニュース

2020年10月15日

マイクロソフトは10月14日(韓国時間)、毎月のセキュリティ更新プログラムを公開しました。 独立行政法人情報処理推進機構(IPA)とJPCERTコーディネーションセンター(JPCERT / CC)脱出のを訴えています。

対象となるソフトウェアは、「Microsoft Windows」「Microsoft Office、Microsoft Office ServersとWeb Apps」「Microsoft JET Database Engine」「Azure Functions」「Open Source Software “” Microsoft Exchange Server」「Visual Studio」「PowerShellGet “” Microsoft。 NET Framework」「Microsoft Dynamics」「Adobe Flash Player」「Microsoft Windows Codecs Library」から重要度「緊急」の脆弱性への対応も含まれています。 また、今回のアップデートでは、ブラウザの新しいセキュリティ変更していない。

脆弱性を悪用された場合は、このプログラムが異常終了したり、リモートからの攻撃、任意のコードを実行することができます。

また、10月13日(米国時間)に「Office 2010」「Office 2010 for Mac」「Exchange 2010」のサポートが終了したため、今後、Microsoftから技術サポート、バグ修正、セキュリティパッチは提供されません。 Office 2010用には、今回公開されたプログラムにセキュリティ更新プログラムが含まれていますので、ユーザーは忘れずに適用し、最新の製品への移行を検討してください。

各製品のユーザーは、Microsoft UpdateおよびWindows Updateなどを利用して、システムのアップデートを至急必要があります。 自動更新を設定する場合も、念のための更新プログラムが適用されていることを確認することが望ましいでしょう。

関連情報(外部サイトへのリンク)

READ  幼い姉妹車に放置死亡させた疑い母警察に嘘の説明または - NHK NEWS WEB

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close