野党代表、日本与党を非難する

Estimated read time 1 min read

東京 – 日本の野党議員は、金曜日に与党が資金調達慣行のスキャンダルによる混乱のために適切な議論なしに予算法案を通過しようと非難する不信任合意書を提出しました。

野党政治家たちは、岸田文夫首相が、執権自民党指導界の人事たちが助成した非資金やその金がどこに行ったのかについての詳細情報を提供しなかったと非難した。 岸田首相は木曜日、生放送で生放送された国会倫理委員会の前にまれに姿を現し、自分の政府を揺るがしたスキャンダルに対して謝罪しました。

政治資金統制法改正案も提案した岸田首相は今回の会議に出席し、スキャンダルに対する論議を終息させ、引き続き停滞してきた7440億ドル規模の予算案の早急な通過を確保するために参加したものと見られる。

与党議員の小野寺五則予算委員長が金曜日の予算案表決を予定すると、野党議員は怒りました。 彼らは、小野寺が予算について十分に議論することなく法案を強行しようとしたと非難し、不信任の同意書を提出しました。 不信任の同意は、与党が議会で多数を占めたために否決された。

岸田は腐敗スキャンダルが浮上した後、支持率が急落するのと戦ってきた。 彼は多数の内閣長官などを党幹部職から解任したが、彼の政府に対する支持率は約20%に落ちた。

今回のスキャンダルは政党行事チケット販売を通じて募金された申告されていない政治資金に焦点を当てている。 これにより去る1月国会議員と補佐官など10人が起訴された。

大部分は安倍晋三元首相が主導した主要政党所属与党議員80人余りが資金報告をしないことが政治資金統制法違反の可能性があることを認めた。 長期間の慣行で受け取ったお金は、監視されない非資金で入ったという。

これに先立ち、西村康史前経済経済賞と松野博和元官房長官など、安倍派の有名人2人が倫理委員会に出席し、非資金運営を直接否認した。

西村と松野は、安倍首相が透明性が不足し、大衆の不信を引き起こす危険があることを理由に、2022年に慣行を終了することを提案したと述べた。 彼らは安倍死後何とか慣行が再開されたと言ったが、その理由は分からなかった。

松野は過去5年間、派閥から報告されていない資金で約66,500ドルを受け取り、以後これを報告しました。 彼は彼の補佐官が現金を受け取り、それが彼のオフィスの金庫に保管されていることを認めた。 彼はそのお金が政治活動にのみ使われたと言った。

不信任の同意についての審議は、金曜日の午後に2人のアベパ議員がさらに出席する倫理聴聞会を開きました。

与党が運営する倫理委は、国会議員が政治倫理に違反したかどうかを判断し、責任を負わなければならない任務を引き受けているが、批評家たちはこれはほとんど見せることであり、真剣な調査がほとんど期待されないと言います。

READ  JGB 10年物収益率、日本銀行0.5%上限を超え
Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours