スポーツ

野球カナダ、オリンピック予選25人のメンバーを発表

野球、カナダは5月31日から6月5日までに、フロリダ州パームビーチ、セントルーシーで開催される今後のWBSC野球アメリカ予選25人の名簿を発表した。

このトーナメントは、8つのチームのトーナメントの勝者がオリンピックで桁を確保する東京オリンピックに出場することができる機会になるでしょう。

2、3位のチームはWBSC決勝予選のためにメキシコに行ってオリンピックの決勝進出を競う。

ベテラン監督アーニーイット(Ernie Whitt)が率いるカナダの名簿には、Andrew Albers、John Axford、Chris Leroux、Scott Mathieson、Dustin MollekenとScott Richmondのような前のメジャーリーグの選手たちとカナダの銀メダル獲得チームの12人の選手が参加します。 ペルーリマで開かれた2019 Pan Am Gamesで。

「私たちは、このリストの多くの経験を持っており、国際野球に慣れてトーナメント野球が何であるかを知っている選手たちです。」とWhittは言いました。 「私たちのチームは、このイベントで何が危険で運指を知っているので、カナダのために、私たち自身、チームメイトと、何よりも競争する動機があります。 “

カナダ最後の国際大会は、2019年に韓国で開催されたWBSCプレミア12で開かれ、開幕戦で韓国とオーストラリアを開催する前に、キューバを抜いて優勝しました。 すべての国際野球イベントは、コロナ19流行により、2020年にキャンセルされたり延期されました。

Whittは「選手たちが、カナダのユニフォームを着てプレーするか長くなったので、私たちは、グループとしてのフィールドに復帰し、国際野球が提供する熾烈な競争を本当に楽しみにしています。」と言いました。

カナダは6月1日キューバ、6月2日、ベネズエラとの戦いの前にB組で競争し、コロンビアとの開幕戦を控えている。

4つのチームはすでに東京に進出しました。

チームは、スーパーラウンド順位に含まれる開幕ラウンドから一対一コンテストで二つのスーパーラウンドのゲームをプレイします。 スーパーラウンド最高記録を保有しているチームがトーナメント優勝者であり、東京オリンピックに出場することができる5番目の国になって、既に資格を持った日本、韓国、メキシコ、イスラエル合流します。

カナダは5月25日のトーナメントの前に簡単なトレーニングキャンプを開催し、5月26日第二マッチアップのためにベロビーチのホールのみスタジアムで旅行する前に、Palm Beachesの野球場でTeam USAと2つの大会の最初の大会を行うになります。 。

カナダは5月31日、コロンビアとの開幕戦を控えてチーム練習をする前に、5月27日フォートローダーデールズと対戦します。

リストに

投手

アンドリューアルバス(ノースバトルフォード、社スク)、ジョンアックスフォード(ポートドーバー、オンタリオ州)、トレバーブリグた(ノースヨーク、オンタリオ州)、ライアン・ケロッグ(ウィット雨、オンタリオ州)、クリス・ルロワ(ミシソーガ、オンタリオ州)、スコットマシソン(BC州アルダーグローブ)、Will McAffer(BC州ノースバンクーバー)、Brendan McGuigan(テキサス州オースティン)、Dustin Molleken(Regina)、Ben Onyshko(ウィニペグ)、Scott Richmond(バンクーバー)、Evan Rutckyj(Ont。ウィンザー)、Travis Seabrooke(オンタリオ州ピーターバラ)

キャッチャー

Kellin Deglan(BCラングレー)、JD Osborne(オンタリオ州ウィットビー)

内野手

Wes Darvill(BCリッチモンド)、Jesse Hodges(ビクトリア)、Jonathan Malo(Joliette、Que。)、Josue Peley(モントリオール)、Daniel Pinero(トロント)、Eric Wood(Oshawa、Ont。)

外野手

Michael Crouse(BC州ポートムーディー)、Tyson Gillies(バンクーバー)、Connor Panas(Etobicoke、Ont。)、Jacob Robson(Windsor、Ont。)

表示| CBCスポーツ説明:オリンピックの聖火:

オリンピックの聖火の歴史を知っています? オリンピックの聖火が1936年のベルリン五輪で開始されたという事実を知っていましたか? CBC Sports Explainsのエピソード1を見て下さい。 古代オリンピックから今日の象徴的なシンボルとなった方法に至るまで、炎の歴史をご案内いたします。 4:50

READ  ウィーラー反撃ツーラン! /日本のS第2戦ライブ速報中 - プロ野球ライブ速報:日刊スポーツ

Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close