エンターテインメント

野球:バッファローズの山本吉信、8イニングムアンタ無失点行進





オリックスバッファローズの山本吉信が2022年6月25日、東京近郊千葉のジョジョマリンスタジアムで開かれたパシフィックリーグ野球競技でロッテマリンズとの試合で投球している。 (刑務所)

千葉、日本(刑務所) – 山本義信(Yoshinobu Yamamoto)が風を打ちながら、8イニングの間に9三振をつかみ、パシフィックリーグチャンピオンのオリックスバッファローズ(Orix Buffaloes)が土曜日のロッテマリンズを4-0に連続した。

去る土曜日シーズン4回目のノーヒットを投げた山本(8-3)は、ジョジョマリンスタジアムで対戦した最初の3人の打者を退場させた。

この右利きは2回にすべてのボールネットを出し、東京東部のベイサイド野球場で許可された4つのヒットのうちの1つを出したときに自分の位置を合わせることが難しいことに気づきました。

山本は「いつもリズムを合わせようと努力しながら、いつもやっていたやり方で出てきたが、風が難しかった」と話した。 「試合が進むにつれて、私は調整し、良い腕の動きを得ることに集中し、状況が所定の位置に落ちた」

「本当に暑かったのに風が吹いて、そんなに気分が悪くなかったんです」

Buffaloesは、Shuhei FukudaリードオフダブルとOrixのビッグホイールであるMasataka Yoshidaの打点ヒットで新人Shoma Sato(1-4)に対して1回リードを獲得しました。

2回には福田がヒットヒットを打ち、4回には釧路告知がヒットを打ち、7回には吉田が2日ぶりに6回目のホームランと2回目のホームランを破って得点を終えた。

クロージャー・平野吉久(Yoshihisa Hirano)は9回2アウトと2点シュートでマウンドに上がり、19枚目のセーブを記録するのに2つの投球だけが必要だった。

PLの他の場所では、Jantzen Witteは日本での最初の2つの失点7回のホームランと4つのSeibu Lions投手を合わせた3安打2-0で、Rakuten Eaglesとの対戦で無得点の試合を破りました。

Rakutenは新人のTomohisa Ozeki(5-3)の4安打完封で、Nippon Ham Fightersを3-0に破ったPL先頭SoftBank Hawksに1-1/2ゲームが落ちました。

Yakult Swallowsに16-6で敗れてから1日でCentral Leagueの2位のYomuri GiantsがCLを19-5に切り、10試合で1位を獲得した。

3位広島カフと4位阪神タイガースが並んで後を継いでいます。 カーフはDeNAベイスターズを5-4に、タイガースがジュニッチ・ドラゴンズを10-0に破った。

READ  日本、中国、韓国の学生がオンラインでアニメーション協力

Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close