エンターテインメント

野球:日本のオリンピック選手がホークスを抜いて1位バファローズ先頭



山本慶喜は2021年7月9日、故郷ソフトバンクホークス戦8-0パ・リーグ優勝からオリックスに所属し、9勝を収めた後、福岡のページページドームで観客に反応します。 (教徒)

東京(教徒) – 日本のオリンピックチームの二人のメンバーである山本義信投手と吉田正隆が先週の金曜日パリーグ首位オリックスがソフトバンクホークスを8-0で退けるのを助けた。

山本(9-5)は、福岡のページページドームで1996年以来の優勝していないオリックスが3連勝引き分けを記録し、7イニング6三振を記録し、1四球6安打を許した。 山本の9勝はキャリア最高を記録した新人のチームメイトである宮城浩哉と首位を獲得した。

山本は「ほぼすべてのイニングでランナーと一緒に投球必要があったため、リードを守ることができて嬉しかった」と語った。

吉田は3回に17回目のホームランホークスの先発投手武田翔太(4-5)で1-0バッファローズを記録し、氷を破った。 軽い打撃のバファローズ捕手、ケニア若槻は4回に2点本塁打を打ち、吉田は5回に1失点で4-0を記録した。

バファローズベテラン岡田孝宏が6回にソロ本塁打を、7回に3点を記録し、シーズンに10本塁打を記録した。

勝利にBuffaloesは2位Rakuten Eaglesより3試合前になります。

千葉の早朝マリンスタジアムで新人投手と日本オリンピックひろみ伊藤(7-4)は、日本のハムファイターズがロッテマリーンズを6-1で下し、7イニング無失点をスローします。

甲子園スタジアムで秋山巧(7-4)は、中央リーグ首位の阪神タイガースが2位読売ジャイアンツを4-1で下し、6イニング以上を可能にしました。 7回。

東京神宮スタジアムで3位ヤクルトスワローズが広島カープとの4-3の勝利に東京オリンピック選手鈴木星矢の2本の本塁打を抜いて9回と言う試合を制した内川誠一が1位を占めています。

Vantelin Dome NagoyaでShinnosuke Ogasawara(6-4)は、Chunichi DragonsがDeNA BayStarsを3-1、この機ながら7イニング以上を許可しました。

READ  今年イングランドオープン2021:PV Sindhuが日本のAkane Yamaguchiを16-21、21-16、21-19で下し、準決勝進出

Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close