エンターテインメント

野球:41歳和田、ホークスの短い連敗記録





ソフトバンクホークスの和田剛が2022年5月22日、日本南西福岡のペイペイドームで行われたロッテマリンズとパシフィックリーグ競技で投球している。 (刑務所)

福岡(刑務所) – 元シカゴカップス左腕の和田剛が日曜日、ロッテマリンズを3-2に破ったパシフィックリーグで、2位のソフトバンクホークスが2連覇に当たるのに5-2/3イニング以上を許可した。 。

2012年MLBに移籍する前、ホークスのエースだった41歳の和田(Wada)は1回ボルネットを出したが、6回連続2ライオンヒットに失点が出るまで他のランナーはなかった。 PayPay Domeで

5勝5敗を終え、2016年に日本に帰ってきた和田は「いつものように最初から全力を尽くした。少なくとも6つは通過しなければならないと思った。次はもっと頑張る」と話した。 カップスと一緒に2シーズン。

柳田由紀は4回ロッテ左腕エニーロメロ(2-4)を破って7回目の2点ホームランで先制ゴールを打ち出した。

ヤナギタは、印象的な相手ホームランに対して「ヒットしなければ勝てないと思い、できるだけ集中しようと努力し、スウィートスポットで得点して嬉しかった」と話した。 左の遠いスタンドへ。

ライジングスターのTatsuru Yanagimachiがホークスの3回末に2塁打を打ち、ホークスの投手陣がリードを握り、リバン・モイネロが7回目のセーブを記録した。

海兵隊大将中村昌吾(Shogo Nakamura)は、遠征の第一次戦でダブルでノックし、6回には和田(Wada)を追撃した。 Brandon Lairdは、7回目の6回目のホームランのためにタフな投球を破り、得点を完了しました。

他の場所では、守備中のPLチャンピオンのOrix BuffaloesがリーグのリーダーであるRakuten Eaglesを6-1に破り、3ゲームのスイープを完了しました。

日曜日のリーグ競技は、火曜日から6月中旬まで続くインターリーグ開始前の最後の試合であり、この時各クラブは相手リーグの6クラブとそれぞれ3試合連続競技を行いました。

READ  トリ寒風の「良作×良品」]クラシック機械が「ブラックホール」に進化! KEF "LS50Meta"× "GUNDAM SONG COVERS 2」

Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close