エンターテインメント

野球 – アメリカ、韓国破り、日本と8強進出

横浜、日本、7月31日(ロイター) – 日本が過去の土曜日、メキシコを7-4で破ったのと同様に、日本が東京オリンピック準々決勝を控え、韓国を4-2で破り、休憩を取った。

両チームは、現在、ダブルエリ米ネーションプレイに移動します。 韓国は日曜日にドミニカ共和国を、アメリカは月曜日に、日本を相手します。

メジャーリーグ、ボストン・レッドソックスの有望株ツリーストーンカサスが4回2点本塁打を放って2-1で米国をリードした。 次のイニングで遊撃手ニックアレン(Nick Allen)のソロシュートと3つのシングルシングルで4-1を作った。

失点9奪三振を記録した米国の先発投手ニック・マルティネスは、コロナ19封鎖期間中家にこもって韓国リーグの試合を観戦した方が良い競技力を見せたと述べた。

両チームとも6イニングから8イニングまで安打を記録していなかった。 9回には、米国の閉鎖デビッド・ロバートソンが犠牲フライで失点と、一部の韓国選手が手を取り合って頭を下げる歓声が上がった。

4つの米国得点はすべて韓国の選抜とヨウンピョに請求された。

キム・ギョンムン韓国監督は「最も重要なことは、今日の試合を先送りする」と述べた。

削除ゲーム

日本の勝利で、メキシコは0-2で敗れた仲間のオリンピック新人イスラエルとの予選に突入しました。

ベンジー道、メキシコ監督は「今回が来ることを私たちは皆知っていた」と語った。 「変わった唯一の事は今4、第5戦でより進まず第3戦でそうするでしょう。」

今年の日本プロ野球の防御率4位投手森下雅人は5イニング5安打許可2失点で仕上げました。

23歳の彼は、自分の最大の舞台で緊張を乗り越えたことについて、「新しい選手、新しい人になった気分です。」と言いました。

山田哲トは4回左翼1列に3点を固め打ちし、日本を5-1で運転入れた、同僚坂本勇人は2イニング後左翼で中途4列速球を送信延長に乗り出した。 リード。

Yamadaは、メキシコの投手を相手にした成功を前の戦いの映像を研究したおかげだとしました。

8回裏2ランで格差を絞ったメキシコは国内プロリーグ投手に依存した。 彼らは、日本の4つの盗塁を出してくれて、その獣は、2つの失策を犯した。

日本の稲葉篤徳監督は試合後半暑さに疲れた選手たちにやる気を与えるべきだと述べた。 大会が始まって3日目に気温が摂氏32度を上回りました。

Paresh Daveの報告; Shri Navaratnam / Peter Rutherford / Ken Ferrisの編集

私たちの基準: Thomson Reutersの信頼原則。

READ  「マクロスΔ ''バルキリー」の最新LIVE TOUR FINALがLV決定| アニメーションタイムズ

Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close