スポーツ

野球| Chiben Wakayama、全国高等学校優勝に向けた早期獲得

~~

COVID-19の間の東京:緑地スペース、在宅勤務の負傷で新しいライフスタイルの機会を提供

和歌山チベンは8月29日(日)の国のチベン学園を9-2で破り、第103回全国高校野球選手権大会で通算3回目であり、21年ぶりの優勝を占めた。

日本で最も広く視聴されているスポーツイベントの一つである夏のトーナメントはCOVID-19感染症で、昨年にキャンセルされました。

8月10日、甲子園スタジアムで開幕した今年の大会は、コロナ19拡散防止のための徹底した防疫下開催された。 兵庫県西宮球場は球団関係者のみ入場が許可された。

日曜日の決勝戦で高島のショーは1回和歌山チベンが4-0とリードしながら2失点した左翼格差に2塁打で重要なヒットを飛ばした。

Chiben Gakuenは2回裏2失点に戻ってきたが、それほど近かった。

和歌山チベンが6-2で先にしながら強打者ドクターマルテン平成8回裏2失点で2点を固め打ち試合を終えた。

キャッチャー渡部カイは9回の裏左打ちソロ本塁打を放ち、9-2とリードを広げた。

「私たちは越えなければならない山が多いということを知っていました。」とChiben Wakayamaの監督であるJin Nakataniが言いました。 「私は私の選手たちに続け押し通すと述べた。 選手たちもつかん今大会の優勝が夢のようだ」と話した。

チベン和歌山投手中西正樹は6イニング8三振5安打を許した。

トーナメント決勝戦では、ほぼ同じユニフォームを着た二チームが互いに向かい合っている奇異な姿も見えました。 二人とも赤枠が白いユニフォームを着ていて、どのチームなのか区別することは困難時でした。

一般的に、兵庫県にある47,500席のアリーナは、49チームが参加する人気のあるトーナメントのほぼ収容人数です。

今年は観客席の「アルプス」セクションで、校当たり1つのブラスバンドサークル最大50人のメンバーがそれぞれのチームを応援できるようにした。

昨年の春と夏の大会がすべてキャンセルされ、同年に二つの大会がすべてキャンセルされたのは、第二次世界大戦以来初めてだ。

選手たちがコロナ19に感染したことが確認され、二つのチームが撤退しなければならいた。

宮崎県の宮崎商業高校は13人のチーム・メンバーが陽性反応を示し、宮城県の東北学院では一人のプレイヤーが感染している言いました。

大雨も日程に支障をもたらした。 8月9日に予定された開幕式と3試合は台風9号の日延期された。

決勝戦は、元の8月26日に開かれる予定だったが、大会期間中、雨天により3日延期された。

著者:ジムアームストロング

著者は、25年以上、日本でスポーツを取材した長い記者です。 あなたは彼の記事を見つけることができます ここ、に 日本のフォワード

READ  Atlantis Japan Growth Fund Ltd

Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close