野蛮な鳥に。 生きていて輝くチリに。

Estimated read time 1 min read

私たちはどこに行き、文明は私たちをどこに連れて行きますか? たぶん私たちは野蛮人として残るべきですか?

その言葉は軽蔑的である必要はありません。 15世紀と16世紀にアメリカを発見したヨーロッパの「発見者たち」は、「人間以下の」「インディアン」、つまりコロンバスが自分が「インド諸島」にいると思ったので、「インディアン」を征服して虐殺して無慈悲ように奴隷にしましたが、彼らにも恥ずかしくて敬意を表しました。 「高貴な野蛮人」という概念が大きくなりました。 コロンバスは彼らについて次のように書きました。 「彼らは彼らが持っているすべてのことについてあまりにも独創的で自由なので、それを見ていない人は誰もそれを信じません。 彼らが所有しているものが何であれ、彼らは決して拒否しません。 むしろ彼らはあなたにそれを分け、心が動くように多くの愛を見せるように勧めます。

彼らのいくつかは食人種であったかもしれませんが、フランスのエッセイはミシェル・デ・モンテイン(Michel de Montaigne, 1533-92)は、異端者を火型にし、火型に処した同僚のクリスチャンにもっと驚きました。 死んだものを食べて生きる。 生きている感覚でいっぱいの体を拷問と苦痛で踏みつけ、彼を彫刻彫刻焼くことが…彼が死んだ後に彼を焼いて食べるより。

READ  北海道が日本の再生可能エネルギー野心の核となるのだろうか?
Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours