金利:経済の政権の変化経済とビジネス

1 min read

スペインでは、50歳になると(年齢は肉体的状態よりも精神的状態に近いが、これは別の話です)「ハムを反対側に回す」と言います。 多くの人にとって、それは人生への異なるアプローチ、他の問題に焦点を当てた政権の変化、時には良いか悪いか、急進的な行動の変化につながります。 経済と市場にも同様の瞬間があります。 時々世代の変化が起こり、以前に重要だったものが後ろに押し込まれ、市場の行動が変わり、経済政策の目標が変わる場合があります。

今夏から現れた長期金利の急激な上昇は、こうした世代交代の要素を一部含んでいる。 ある意味では、市場は2007年の金融危機以前に戻ったようです。 記憶を少し新しくしてみよう。

当時、市場はインフレが2%にしっかりと固定されていると評価し、その後数十年間に発生したすべてのことに対して無視できる確率を割り当てました。 中央銀行は、金利をゼロに引き下げ、必要な限り金利をゼロに維持すると約束した。 、または長年にわたって国債を購入してください。 2002年、アラン・グリーンスパン(Alan Greenspan)が「腐食性デフレ」のリスクに言及し、経済政策の代替案を議論し、当時の連邦ガバナーであったベン・バーナンキー(Ben Bernanke)が「デフ​​レ:確かにしなさい」というタイトルのスピーチを行いました。 「ここではそのようなことは起こりません。」 実際、連邦はインフレがゼロに達する可能性を最小限に抑えるために、2003年の金利を1%に引き下げました。 日本がしばらくゼロ金利とデフレの渋滞に陥り、中央銀行が後に行ったのとは異なり、非常に控えめに国債を買い入れたのも事実です。 しかし、当時はこれが西洋では可能だと思った人は誰もいませんでした。 これは日本当局の不良な経済管理から始まった異例の事例とされた。

当時市場もバランス金利が高いと信じた。 米国では、生産量のギャップを減らし、インフレを目標レベルに設定する金利が約4〜4.25%であることに合意しました。 これは、必要に応じて金利を下げるのに十分な余地を提供しながら、予想される将来の金利範囲をもたらしました。 そのレベル程度の金利です。 市場は記憶し、2000年に連준は金利を6.5%に引き上げました。 そのため、2006年に市場が5年後(つまり2011年)、短期金利が約5%になると価格を策定したのは驚くべきことではありません。 2011年に金利がゼロに落ちたために起こらなかったことですが、それは別の話です。

現在の長期金利パターンは、2007年の危機以前の時期への回帰を意味します。 今後10年間で、インフレは2%にしっかりと固定され、バランス金利がプラスになり、中央銀行は金利をゼロに引き下げたり、債券を購入したりしないという市場価格が策定されます。 たとえば、市場価格は5年後(つまり2028年)、米国の短期金利が約4.5%になると予想されます。 市場はデフレ期間を終えたようです。

この政権が変わるのはなぜですか? 一つの要因を特定することは困難ですが、いくつかの手がかりがあります。 一方では、米国の財政赤字がGDPの6%に達し、制度的不安定性と予算過程の脆弱性によりこれを減らすという期待が低い米国の困難な財政状況です。 議会予算処は、今後30年間、赤字をGDPの5%以上と予想する大規模な赤字見通しにより、長期債権に対するリスクプレミアムが高まっています。 需要と供給の法則が政府負債にも適用されるからです。 これらの赤字をカバーするために公的負債が豊富に供給されると予想される状況では、投資家はそれを購入するためにより低い価格(より高い金利を意味する)を必要とします。

一方、日本がほぼ40年後(金利が0.5%に引き上げられた2005~06年の非常に短い期間の間)、ゼロ金利体制を放棄できるという期待があります。 日本の投資家は世界の政府負債の主要買い手なので、日本の金利が1~2%に引き上げられると、世界的に国債価格構造が変わるでしょう。 また、世界経済が以前考えていたよりも金利に対する抵抗力が強いことがますます明らかになっています。 非常に積極的な金利引き上げと前例のないエネルギーショックにもかかわらず、世界経済はここ数十年にわたって最高の労働市場を示しました。 OECDデータによると、G7諸国の雇用率は歴史上最も高い。

おそらくより推測的な他の要因があります。 たとえば、将来的には気候変動や地政学的不確実性のために供給衝撃が支配的でインフレのボラティリティがさらに大きくなるため、債券は投資ポートフォリオのヘッジツールとしてはあまり役に立ちません。 金利は上がり、同時に株価は低下する。 そして、債券がヘッジ手段としてあまり役に立たない場合は、価格を下げる必要があります。 つまり、金利は高くなければなりません。 また、株式市場が金利の引き上げによく抵抗してきたことも事実であり、これはおそらく金利の引き上げが一部より良い中期成長の見通しを反映していることを示唆している。

ジャーナリズムはいつも歴史の草案です。 数年後、私たちは2007年の金融危機、ユーロ危機、感染症、エネルギー価格の急激な上昇に対応して開発された改革と政策の累積的な効果がこの結果をもたらしたと結論付ける可能性があります。 経済政策枠組みを改善し、世界経済の健全性を回復し、2007年に始まったデフレサイクルを終了することです。 プラス金利とインフレのある世界がゼロの金利とインフレのある世界よりも優れていることを忘れないでください。 多くの人々が50代になると全盛期に到達し、「ハムを反対側に回す」ように、今後10年の経済は過去20年よりも明るくなる可能性がある。 これを祝い、機会を活用しましょう。

参加 私たちの週刊ニュースレター EL PAÍS USA Editionでより多くの英語ニュースプレスを入手するには

READ  日本MUFG銀行、3D地図データ事業進出
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours