理科

金星を通る最速宇宙船、信じられないほどのポストカードを返しつなげる

2018年8月には、ケープ・カナベラル空軍基地にある宇宙打ち上げだけ-37で太陽を研究する特別任務が離陸しました。 Parker Solar Probeと呼ばれ、時速43万マイル(692,000km / h)の速度に達することができる最速の人間が作ったものです。

パーカー ミッションは、以前は到達しなかった近接(380万マイル/ 610万km)で、太陽の飛行を実行して、地球上の科学者が宇宙気象現象をよりよく予測する方法を学ぶことができるようにすることです。 この近接と速度を達成するためにプローブは金星の重力を舵のような種類の舵として使用して繰り返し、太陽を旋回する必要があります。

7年間の任務期間中Parkerは7回の金星フライトをして総24回の太陽を通過します。 先月末、それ54,000 mph(86,900 kph)の速度で惑星を通りながら第四金星の出会いを防ぎました。 惑星表面から2,385km離れたところでそのようにしたので、Parkerを運営するチームがお祝いに値する十分な理由があった。 彼らはリリースしてそうしました 驚くべき画像 昨年の夏に行われた同様の起動中12.380km(7,693マイル)でプローブに捕捉された金星の写真 – この作品の主な写真で見ることができます。

今回の2月ヴィーナスランはパーカーがそれぞれ4月末と8月初めに開かれる予定の太陽の八番目と第九パスのコースを開始しました。 プローブは、通過するたびに、太陽との距離を縮めており、今回は前の記録で3万km(190万マイル)を流し、太陽の表面で650万マイル(1,0.4万km)以内に達した。

プローブの背後にある人々は、Johns Hopkins Applied Physics Laboratoryの科学者でありプローブは NASAの LWS(Living with a Star Program)は、直接影響を与える太陽 – 地球システムの側面を探検するためのものです。 「生命と社会」

READ  NASAは、次の週SpaceX発売

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close