金沢は日本で必須の生物多様性政策の模範を示しています。

1 min read

日本の都市は一般的にコンクリートで覆われていますが、新緑の生活を送ることができる信頼できる場所は神社と寺院です。

科学者たちは、よく保存された木、池、庭園で印象的な生物多様性を発見しました。 神社と寺院に関する。 そして金沢では、個人所有の都市庭園は、もはや周囲の山に住んでいない動物、植物、昆虫種を含み、都市外の野生動物保護区を発見しました。

この発見は アマゾン熱帯雨林研究 先住民族が管理する森林地域が生物多様性ホットスポットになる傾向があることを示しています。 1つの結論:人間は常に環境に破壊的な力である必要はなく、実際に生態系にプラスの影響を与える可能性があります。

間違った情報とあまりに多くの情報が共存する時代に 質の高いジャーナリズムはこれまで以上に重要です。
購読すると、物語を正しく伝えるのに役立ちます。

今購読してください

READ  KCCI視聴者がアイオワ州で珍しい青いスーパームーンの写真を共有する
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours