スポーツ

金監督鳥谷コロナ…社長辞任阪神今ユニゾン – プロ野球:日刊スポーツ

辞任会見を開いた阪神揚塩球団社長(代表撮影)

<기자의 눈>

阪神は9日、揚塩健二球団社長(60)が12月1日から辞任すると発表した。 3月と9月にいくつかの新型コロナウイルス感染者が相次いで出てくるなど、チームの混乱を招いたのは、責任を取った。揚塩社長は、兵庫県西宮市内の球団事務所で会見し謝罪した。 18年10月に最下位低迷による金本知憲監督の辞任に応じて、当時2軍監督だった矢野監督の就任要請に走った人物だった。 後任は未定。

◇◇◇

揚塩社長はコロナ感染者が出てきただけで辞任になったわけではないした。 そうだろう。 現在の状況でコロナ感染に対してゼロリスクはあり得ない。 この社長は「赴任以来、一つ一つの事案をここで言ってませんが、そのような混乱を招いたこと、これは球団の最終責任者は、私は “と述べた。

赴任以来の混乱という言葉を借りれば、18年オフには、金監督退任に関するものがあった。 19年には有功者鳥谷(現ロッテ)の処遇について。 そして今年。 コロナ災害から球団の管理能力と選手各自の状況判断が要求される中で、外食や外出に関する騒動が春先から出て通った。揚塩社長が今回のシーズンを最後に辞任になったが、強く望む。 チームが一つだったら、と。

藤原所有者は、この日、今シーズンの騒動についてこう語った。 「PCR検査も順番にクリアしながら来たから油断というか、そういうこともあっただろうか。」 そして続けた。 「プロ野球チームは、チームワークを持って専門家の力を発揮する。このようなことを私は考えています。その中で一人一人がチームでどのような役割をするか、このような自覚をもう一度、しっかりと回復する必要がある。選手だけではない。チームスタッフもそうチームの様々な仕事をしている人が皆、自分の役割を再確認してほしいと強く要請したいと思います。」

その通りである。 9月にした件は、球団内規に違反選手はその点に責任を痛感しなければならなり、球団は内規を設けだけでなく、どのようにその意図を一人一人が理解しての自覚を持って行動することができるようになるか考えなければならない。 先頭とは大きく離されていたが、シーズンがまだ3分の1程度残っている中で、10選手の大量離脱を阻止できなかった。 フロントも選手も「日本」という目標に「コミットメント」を忘れたくなかった。

揚塩社長は言う。 「意味半ばという面では、矢野野球非常に積極的であり、あきらめていない人のためにこの野球が開花してほしい」。 それが実現できるか。 チームに関連するすべての人が勝利への思いを中心に一つになることができるかにかかっている。[보도부 차장 겸 한신 담당 캡 = 마츠이 周治]

READ  シート喪失の連絡は「予想していなかった」ペレス| Force India | F1ニュース

Okano Akemi

「ベーコンオタク。ゾンビ中毒。ハードコアコーヒー愛好家。テレビマニア。音楽マニア。Twitterマヴェン。フードホリック。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close