金融技術による人口統計学的変化の探索

1 min read

日本のフィンテック部門は、デジタル決済の強力な成長を通じて豊かな多様性を示しています。 これは、d-Barai、PayPay、LINE Payなどの電子財布エコシステムの優勢で明らかに明らかです。 また、BNPL(今すぐ購入、後で支払う)サービス、デジタルバンキング、クラウドファンディング、保険技術、規制技術(regtech)などのフィンテック部門も急速に成長しています。 金融サービスのさまざまな分野にわたってフィンテックが広く採用されているということは、日本の伝統的な現金取引依存度から逸脱することを意味します。

日本は徐々にデジタル金融技術を採用していますが、金融文化のいくつかのユニークな側面がこの地域の他の先進国と区別されています。 一方、時には革新に慎重なアプローチを取ることもあります。 一方、日本は先進国のほとんどの国、さらには一部の中所得国に比べて現金のない決済率が著しく低いです。 坂本敦彦ブラックストーン黒い石
日本のプライベートエクイティファンド代表は去る1月、PE Hubに「日本は依然として支払いにおいて実物現金が多い」と話した。 日本は2025年までに現金のない割合を40%達成することを目指しており、これは実現可能に見えますが、その数値は依然として中国(86%)や韓国(79%以上)に比べて著しく低いです。 韓国銀行)。

同時に、日本は世界で最も年齢の高い人口を保有しており、国立人口社会保障研究所によると、65歳以上の人口が2040年までに全人口の約35.3%を占めると予想されます。 日本の人口統計を考慮すると、フィンテック部門は深刻な障害に直面しています。 つまり、老齢層がこのような新技術を受け入れることを嫌がるということです。

日本の高齢者のフィンテック採用に対する障壁

日本の人口高齢化はフィンテックの導入において様々な障害物に直面しています。 その中で最も重要なのはセキュリティ問題です。 高齢者は自分の資金とデジタル形式の個人情報の安全性を疑うことができるからです。 伝統的な銀行業務に慣れているこれらの人口統計では、フィンテックアプリケーションの複雑さが圧倒的に感じられます。 日本の高齢者人口の大部分はデジタル活用能力が不足しており、フィンテックソリューションを採用する上でかなりの障害となります。 確立された金融習慣の変化に対する抵抗も重要な役割を果たし、多くの高齢者は現金取引と直接銀行サービスの種類と親しみを好みます。

既存の銀行や実物通貨への信頼は依然として強く、フィンテック企業は高齢者の顧客を確保することは困難です。 特に田舎に住んでいる人やモビリティの問題を抱えている人々の孤立性とアクセシビリティの問題は、これらの個人が物理的な銀行サービスとデジタル代替案の両方にアクセスするのを難しくする可能性があるため、問題をさらに複雑にします。 フィンテックやデジタル取引への参加度は、若年層に比べて高齢者層ではかなり低い。 このギャップは、高齢者の金融行動に影響を与えるユニークな文化的、技術的、社会的要因を考慮して、高齢者のフィンテック採用を増やすための目標戦略の必要性を強調します。

ギャップの解消:日本の高齢者のためのピンテックのカスタマイズ

日本の人口高齢化をフィンテック革命に効果的に統合するには、高齢者の固有のニーズと懸念事項を解決できる戦略を開発する必要があります。 たとえば、より大きなフォント、明確なガイドライン、簡単なナビゲーション機能を備えたシンプルなユーザーインターフェイスを作成します。 音声認識技術を統合すると、タッチスクリーンを介して入力または閲覧するのが困難な高齢者にも役立ちます。

セキュリティプロトコルを強化することは、オンライン詐欺や詐欺を心配する高齢者の信頼を得るためにも重要です。 セキュリティ対策の透明なコミュニケーションと安全な使用に関する明確なガイドラインは、この恐れを軽減するのに役立ちます。 高度な詐欺検知システムを実装し、セキュリティ侵害が発生した場合に即時の顧客サポートを提供することで、高齢者がフィンテックソリューションを採用することをさらに奨励することができます。

高齢者のデジタル活用能力の向上に焦点を当てたワークショップやトレーニングセッションなどの教育イニシアチブにより、高齢者がフィンテックアプリケーションを自信を持って使用できるようにする能力を強化できます。 地域コミュニティセンターや高齢者クラブと協力して実践的な教育と支援を提供することで、より高齢者の視聴者に効果的に近づくことができます。

世界的に成功したシニア中心のフィンテック事例

世界中で、多くのフィンテック企業が高齢者に合わせてサービスをうまくカスタマイズしました。 米国のTrue Link Financialは、「複雑な要件を持つ人々とその世話をする人々」のための金融サービスの提供を専門としています。 最大の顧客層の1つは高齢者です。 重要な価値提案の1つは、脆弱な老年層(記憶喪失など)が正しい財政的決定を下すことを確実にすることです。 このため、このサービスにより、家族、専門家、または他の信頼できる当事者は、個人が日常的な購入を行うための安全な方法を設定できます。 会社のビジネスモデルは成功しているようです。 によって 2023年末、 同社は250,000世帯にサービスを提供し、11億ドルを管理し、個人が毎年6億ドルを安全に購入できるように支援しました。

高齢者を対象とする他のフィンテックには、高齢者を金融搾取と詐欺から保護するプラットフォームであるEverSafeがあり、SilverBillsとPensionbeeは高齢者のための財務管理と年金追跡を簡素化します。 その部分では B&B 活発に成長しています。 英国では、同社は240,000人の顧客に代わって約49億ポンドの管理資産を保有しており、3月には米国に本社を置く大型グローバル金融機関と提携する米国に事業を拡大する計画を発表しました。

これらのケースは、上級ユーザーの共感を引き起こす安全でシンプルなピンテックソリューションを作成することの重要性を強調します。 退職計画、詐欺防止など、独自の財政ニーズに合わせたカスタマイズされたサービスを提供することで、この人口集団でフィンテックの採用を大幅に増やすことができます。 教育資源と支援を提供することで、高齢者のためのフィンテックの理解が容易になり、デジタル金融サービスに対する自信が高まります。

日本のフィンテックに関する勧告と今後の方向

フィンテック企業は、包括的なデザイン、既存の銀行とのパートナーシップ、カスタマイズされた金融商品、コミュニティサービス活動、および向上したカスタマーサポートに焦点を当てる必要があります。 政府機関や金融機関と協力して、高齢者のデジタル金融を受け入れることを奨励する政策を策定することが重要です。

日本のフィンテック将来の予測には、高齢者間のデジタル採用の増加と高齢者中心のフィンテックソリューションの成長が含まれます。 AIや機械学習などの高度な技術を活用して、個人化された金融アドバイスを提供し、高齢者のためのオンライン取引のセキュリティを向上させることができます。 伝統的な銀行、フィンテック企業、政府機関、高齢者の人口が参加する協力エコシステムが不可欠です。

日本のフィンテック部門を高齢化人口に合わせて調整することは、包括的な成長と革新のために不可欠です。 これらの適応には、技術、ユーザーフレンドリーなデザイン、教育イニシアチブ、コラボレーションの取り組みの組み合わせが含まれます。 こうした戦略に応えれば、日本を高齢者に優しいフィンテックソリューション分野のグローバルリーダーとして位置づけ、フィンテック部門の包括性とイノベーションの基準を立てることができます。 日本のフィンテック部門の利害関係者は、高齢者のための技術とイニシアチブに投資し、フィンテックの恩恵が社会のあらゆる部門で包括的かつアクセス可能であることを保証する必要があります。

このコメントは以下に基づいています。 カプロナシア 日本のフィンテックの将来について、ElevandiおよびJapan Fintech Festivalと協力して作成されたレポートです。 完全なレポートは次のとおりです。 ここからアクセス

READ  NYK、日本初のアンモニアバンカリングブーム計画
Nakama Shizuka

"フリーランスの学生。微妙に魅力的な料理の達人。トータルベーコンの先駆者。旅行の第一人者。自慢のオーガナイザー。"

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours