スポーツ

金野区、日本 – アフリカ野球ソフトボール財団とパートナーシップを締結

ガーナ野球&ソフトボール協会(GBSA)と日本 – アフリカ野球&ソフトボール財団(J-ABS)は、ガーナでのスポーツ発展のためのパートナーシップ条約に署名しました。


Ballership Education Partnership Agreementによれば、J-ABSはGBSAがスポーツスタジアムを維持し、コーチや選手のための教育と交換プログラムを組織し、Ghana Koshien Tournamentと呼ばれる全国的な野球トーナメントを組織するのを支援します。

始める

2022年5月13日金曜日、アクラで開かれたパートナーシップ締結式で、GBSF会長Ernest Dansoは、パートナーシップを通じて、野球がガーナで広く知られた名前になることを願っていると語った。

彼は、パートナーシップがスポーツ発展のための協会の努力の一部であると述べました。

「このパートナーシップは、選手やコーチの教育からコンテスト組織やスタジアムの維持まで、スポーツの全体的な発展に関するものです。

「私たちは野球をガーナで広く知りたいと思っており、J-ABSの助けを借りて近い将来にその目標を達成できることを願っています」

J-ABS社長のShinya Tomonariは、このパートナーシップがアフリカ大陸全体にわたるより大きなプロジェクトであるAfrican Koshienプロジェクトの一部であると述べました。

「このプロジェクトの目的は、野球とソフトボールを使って若者の間で人材を育成することです」とトモナリ氏は語った。

「このプロジェクトは、すべてのアフリカの国と地域を対象としています。このために、野球機器の寄付、野球スタジアムメンテナンス支援、野球教育を推進してスポーツの普及と発展を導きます。とします。 Ghana Koshien Tournamentというトーナメント」。

National Sports Authorityの技術部長であるMr Kwame Amponfi Juniorは、パートナーが長年にわたりスポーツを発展させるための継続的な努力について賞賛しました。

彼は、物流、機器、トレーニングプログラムへの投資がスポーツの成功を達成するための最良の方法であることが証明されたと述べた。

READ  日本戦の外交官岸田、当得票で新任首相就任| スポーツ

Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close