スポーツ

金4個、銀メダル7個、銅6個:東京パラリンピックインドのメダリスト| オリンピック

金4個、銀メダル7個、銅メダル6個。 これは、インドの代表団が進行中で、東京パラリンピックで17個のメダルを獲得し、史上最高の大規模なイベントを登録するためにどれだけ実行したことを示します。

パラリンピック3日目に女子シングルス卓球クラス4部門で銀メダルを獲得して、インドのマークから外れは敗れ立ち寄りBhavinaben Patelでした。 インドは女性10mエアライフル射撃スタンディングSH1種目で射手Avani Lekharaを破っ大会初の金メダルを獲得しました。 数日後、彼女は女性50mライフル3姿勢SH1射撃で銅メダルを取って別のメダルを獲得しました。

また、Sumit Antilはいくつかの世界記録を更新し、Manish NarwalとPramod Bhagatも最高の栄誉を獲得した。

これまで15人の選手が表彰台に上がった。 ゲームでは、インドのすべてのメダリストをたくさん見てみましょう。

1)ボビーナベンパテル – 銀メダル – 卓球女子シングルス4種目

グジャラートのBhavinben Patelはパラリンピック3日目に、インド初のTTパラリンピックのメダルを獲得したとき、全国のお祝いの波を送った。 金決定戦では中国の低オインに7-11,5-11,6-11で敗れた。

2)ニシャドクマー – 銀メダル – 男性ボールトT47

Nishad Kumarは、個人最高記録とアジア記録を立て銀メダルまで急騰しました。 米国のRoderick Townsend-Robertsが2.15mの世界新記録のジャンプと一緒に金メダルを獲得しながら、206mの彼の最高の努力で銀メダルを獲得しました。

3)Avani Lekhara – 金 – 女性10mエアライフル射撃直立SH1と銅メダル – 女性50mライフル3姿勢射撃SH1

Avani Lekharaは月曜日東京パラリンピック女子10mエアライフル直立SH1種目で射撃インドの最初のメダルを獲得しました。 レカロという決勝で総点249.6点で金メダルを首にかけた。 19歳の彼はパラリンピックで金メダルを取った初のインドの女性がされた歴史を書いた。

Avaniは金メダルを獲得した後、50mライフル3姿勢SH1銅メダルを追加してパラリンピックのメダル2個を獲得した最初のインドの女性がされており、同じ大会で複数のメダルを獲得したインドの女性全体が第二になりました。 レカロという決勝で445.9点を記録してメダルを首にかけた。

4)デベンドとジャーリア – 銀メダルと

5)Sundar Singh Gurjar – ブロンズ – 女性ジャベリンF46

男ジャベリンF46決勝戦では、インドのためにベンドとジャーリア(Devendra Jhajharia)が最高投球率64.35で銀メダルを取ったし、純違うシン転がし切り(Sundar Singh Gurjar)は最高投球率64.01で同じ種目銅メダルを取った。 デベンドという自分のパラリンピックキャリアの2つの金メダルに銀メダルを追加しました。

6)Yogesh Kathuniya – 銀メダル – 女性円盤投げF56

インド要投稿カツニヤリ(Yogesh Kathuniya)は月曜日の男円盤投げ(F56)決勝で、自分の最高の投げ44.38mを記録し銀メダルを首にかけた。 カツニヤリは45.59mの投球を登録して金メダルを獲得した、ブラジルの世界記録保持者Batista dos Santos Claudineyだけ破った。

7)Sumit Antil – 金 – 女性ジャベリンF64

インドSumit Antilは男ジャベリン(F64)種目で決勝で最高68.85mを投げ金メダルを獲得するコンテストを通して複数の破った後、新しい世界記録を立てました。

8)Singhraj Adhana – ブロンズ – 女性10mエアピストル射撃SH1

AND銀メダル – 男性P4混成50mピストルSH1

ポリオを患っている39歳のシューターであるSinghraj Adhanaは大会デビューを払って合計216.8打を撃っ6番目のベストシューターに8人の決勝戦に進出して大会を3位に上がりました。

数日後、彼は猫に第二のメダルを追加しました。 Singhraj AdhanaはAsaka射撃場で開かれたP4 – 混成50mピストルSH1決勝で金メダルと銀メダルを獲得しました。 Singhrajは216.7点で、東京パラリンピックで第二のメダルを獲得しました。

9)Mariyappan Thangavelu – 銀メダルと

10)シャーロッドクマー – ブロンズ – 男性ボールトT42

ボールト(T63)種目で、インドのスターMariyappan ThangaveluとSharad Kumarが決勝でそれぞれ銀メダルと銅メダルを獲得したのは、二重の喜びでした。 Mariyappanは1.86mを超えて銀メダルを獲得しました。 これは2016年リオ五輪ですでに金メダルを取った彼の2番目のオリンピックのメダルです。 一方、Sharad Kumarは自分のシーズン最高記録である1.83mを記録して銅メダルを獲得しました。

11)プラ空クマー – 銀メダル – 男性ボールトT64

Praveen Kumarは男走り高跳びT64部門で2.07mを越え銀メダルを獲得しました。 インドのメダル集計を改善するために、18歳の選手は、新しいアジア記録を立てました。

12)ハビンよりシン – ブロンズ – 女性の個人リカーブ – アーチェリー

Harvinder Singhはパラリンピックでインド初のアーチェリーメダルを獲得しており、進行中のゲームで男の個人リカーブ銅メダルのための爽快なPK戦で韓国のキム・ミンスを制圧しました。 銅メダルプレーオフでは31歳の選手は5-3でリードしていた韓国が5セットでパーフェクト10を記録し、PK戦をがたし、インド人は金の8と6のためにパーフェクト10に対応した。 5(26-24、27-29、28-25、25-25、26-27)(10-8)を獲得。

13)Manish Narwal – 金 – 女性P4混成50mピストルSH1

インド狙撃Manish NarwalはAsaka射撃場で開かれたP4 – 混合50mピストルSH1決勝で金メダルを獲得しました。

19歳のManishは218.2点を集めイエローメタルを獲得して、障害者のオリンピック記録を立てました。 ロシアのパラリンピック委員会(RPC)のSergey Malyshevが銅メダルを獲得しました。

14)Pramod Bhagat – 金 – バドミントン男子シングルスSL3

インドシャトルドルプラモードバガト(Pramod Bhagat)が男子シングルス(SL3)種目で金メダルを獲得し、インドのメダルラッシュを加えた。 彼はイギリスのダニエル・ベテル(Daniel Bethell)を21-14,21-17で破り、決勝で優勝した。 インド初のバドミントンパラリンピックのメダルでもある。

15)Manoj Sarkar – ブロンズ – バドミントン男子シングルスSL3

Pramodの勝利の後、数分後には、文字通り、インドのManoj Sarkarが男子シングルス(SL3)バドミントンイベントで銅メダルを獲得しました。 彼は決勝戦で、日本の藤原大輔を22-20,21-13で勝ち、インドのメダル集計を17位に終わった。

READ  B.Leagueから100%以下に走ったがThirdyの後悔なし

Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close