経済

鈴木自動車は、経済的懸念にもかかわらず需要が強いと言います。

TOKYO(Reuters) – 日本の鈴木自動車は、金曜日の世界景気後退に対する懸念が高まっている中、国内または主要インド市場で車両需要が鈍化していることを見ていないと明らかにした。

鈴木の上級経営責任者である長尾長子の見解は、インフレと高い金利が世界経済の不確実性を負担しているにもかかわらず、他の日本の自動車メーカーの楽観的な見通しを反映しています。

Suzukiは、6月末現在、日本で約200,000台の車両注文バックログを持っているとNagaoは語りました。 350,000

彼はオーニングコールで「グローバル景気の流れが懸念されているが、受注が順調に行われており、需要が減っていない」とし「累積生産を続けると営業利益が出るだろう」と話した。 コマンド。

4~6月四半期の間、鈴木のインド販売は前年同期比27.9%増の380,000台を記録しました。

しかし、日本の自動車販売はチップ不足で生産が難しくなり、6.4%減少しました。

鈴木は3月31日まで今年の営業利益1950億円(14億6000万ドル)見通しを維持しながら現時点でこれを変更するのは時期尚早だと述べた。

ファンデミックとウクライナの戦争によるサプライチェーンの混乱の中で、世界の原材料価格が急上昇し、中央銀行が金融政策を強化し、企業がコストを削減し、世界中の企業と政策立案者が困難に直面しています。

半導体不足は徐々に改善されていますが、鈴木はいつ解決されるかを予測できないと長尾は言いました。

影響を減らすために、同社はインドでそれほど多くのチップを必要としない自動車を生産し、アフリカや中南米市場に販売することに転換したと彼は言った。

今週初め、競合他社であるSubaru Corpは、米国の自動車買い手の強力な需要が続くと予想しているが、Toyota Motor Corpは、970万台の年間グローバル生産目標に固執したと述べた。

($1 = 133.2100円)

(手記山さとし記者、マークポーター編集)

READ  エネルギー危機は、世界で最も野心的な気候計画をテストすることです。

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close