スポーツ

鈴鹿、日本のグランプリキャンセル理由の説明

鈴鹿薫田中会長は、日本グランプリ取消決定の背後には、入国ビザ発給の問題があると明らかにした。

世界選手権の鈴鹿ラウンドは、2年連続での継続的な健康大流行の結果として失敗しました。

これはFormula 1この目標を達成するには、今2つの空のスロットを満たさなければならないことを意味します。 23試合シーズン – 10月10日現在、無料で11月21日、オーストラリア・グランプリは、以前にキャンセルされました。

最近、東京オリンピックが非公開で行われてパラリンピックが開幕を控えているにもかかわらず、グランプリがキャンセルされた理由は、日本の入国と関連した行政の理由だったと田中は言った。

Motorsport.comによると、所有者Hondaの代わりに鈴鹿サーキットを運営するMobilitylandの社長であるTanakaは「今年はHondaの最後のランニングであり、Yuki Tsunodaの高揚復帰だったので、非常に楽しみにしています。」 。

「本当に特別な一年だった2年連続大会を開催できず、残念です。

「最大の問題は、関係者の入国を確認することができないという点です。 日本は基本的にフォーミュラ1でも他のスポーツでも、現在、外国人の入国を許可していません。

「外国人がここにするには、入国ビザが必要です。 私たちは、これを修正することができないという事実が問題でした。」

公式Formula 1ストアを介して最新の2021チームウェアをすべて確認してください

Tanakaは数千人の選手とサポートスタッフが、オリンピックとパラリンピックのために日本に入国したが、グランプリのために、より少ない数ではない理由について具体的に説明することができませんでした。

田中選手は「スポーツに特性と条件があることを知っているが、一般的にF1日本グランプリを開催することができないというのが個人的に残念だ」と話した。

「日本スポーツ振興院でこれを理解したと思います。 オリンピックを除いて1500人余りが現状で最も多くの外国人入国者だと思う。 彼らは理解したと思いますが、気をつけていました。

「公益とモータースポーツ文化の面で欧州だけ成熟していない。 “

鈴鹿の肯定的な点は、来年がサーキットの60周年になる2024年までに、日本グランプリを開催する契約したということです。

田中は「今から来年の準備をする」と述べた。

READ  パラリンピック難民チームの最初の女性は、他の人にスポーツをしようとすることを促し

Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close