技術

鉄拳監督、Virtuaファイターチームが他のゲームを作成することに挑戦

Tekken Director、Virtua Fighter Teamの別のゲーム制作に挑戦する記事の実例

スクリーンショット: 原ダースバー

最新のビデオ 個人YouTubeチャンネルのために 鉄拳 シリーズ監督原田克洋が今週発売の Virtua Fighter 5 Ultimate Showdown、彼は常にSegaの基本3D格闘シリーズを凌駕することを個人的な目標であると考えていると共有します。

「11年の差がありました。 [between releases]が、私は考えていた [Virtua Fighter] 25年以上」とHaradaはオフスクリーンプロデューサーに言った。 「私は約27年の間に格闘ゲームを作ってきました。 だから、これまで知っている。 私はそれについて長い間考えてきました。」

Haradaは 鉄拳 1997年代のフランチャイズ 鉄拳3。 当時 Virtuaファイター まだ真剣なプレイヤーの間で3D格闘ゲームの確実な王とみなされジャンルで自分の印を残そうとする若い新興企業に最適な標的となった。 つまり、バンダイナムコ上司からどのくらい時間がかかるのか尋ねられたとき 鉄拳 追い越しである Virtuaファイター 経済的な成功と人気面でHaradaはナンセンスをせずに代わりに10年以上の高い期間を提案した。

Virtuaファイター 当時と同じでした。」とHaradaが言いました。 「少なくとも10年はかかるだろうと言ったとき、彼らは「それでは、それまで続け作成します。」と言いました。 私は決心した。 私も他のタイトルを助けていたが 鉄拳 10年間。 「勝つことができるように最善を尽くします!」 [Beating Virtua Fighter] 私の目標でした。」

Haradaが自分の競争を心に新しい落とさは明らかです。 しかし、Segaが新しいリリースを停止したとき Virtuaファイター 2007年以来、ゲーム Virtuaファイター5、彼は3D格闘ゲーム空間で競争する人がいないと感じました。 知名度の高い視聴 Virtuaファイター 今、新しいゲームがない競合他社に移行 鉄拳 彼に失望の「話すことができない感じ」を与えた。

彼らは選択しなかった 鉄拳Virtuaファイターが、Segaが新しい格闘ゲームを作ることを停止してみましょう、必要に応じて行うことがだけです。 私は、彼らが何をしようとしたのか、 DeadまたはAlive? まるで。

しかし今、発売と Virtua Fighter 5 Ultimate Showdown、Haradaは一時ライバルだと思っていた会社との戦いを見ました。 もちろん、全く新しいゲームはありませんが、以前のバージョンが新鮮に感じられるように十分な作業が投入されてSegaが Virtuaファイター6。 次に、Haradaは、他のラウンドを準備すること以上です。 残りの3D格闘ゲームのジャンルに挑戦者がいないロッカールームに例える前Haradaがついに相手が翼で待っているかのように感じられます。

「数年後には「ねえ、彼ら作った?!」と言って欲しい。」原田は言った。 “私は、彼ら勝つしないでしょう。 私は次にそれらを凌駕するものである。 対決しましょう。 それがなければ、開発者としてのキャリアを終えたいです。 開発者として私に残された時間があまりありません。 だから歳、お願いだけ聞いてください。 最後のゲーム一つ試してみ」

READ  Fortnite、フラッシュスキンセット発売

Nakama Shizuka

"フリーランスの学生。微妙に魅力的な料理の達人。トータルベーコンの先駆者。旅行の第一人者。自慢のオーガナイザー。"

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close