エンターテインメント

錦戸亮ライブ生配信ではなかった!無観客どころか本人も不在| 女性自身

7日の昼すぎ、日本武道館に姿を見せた錦戸。

「日本武道館で2日間配信ライブ無事?何とか終わりました。これからも精一杯精進いきたいと思います」

Twitterこのように構成したのは、錦戸亮(35)である。

10月7日と8日、錦戸は日本武道館初請求渾身の無観客配信ライブ「錦戸亮ONLINE LIVE “不屈” at日本武道館」を開催。 7日ファンクラブ限定前夜祭で1人だけの演奏。 8日、バンド形式で圧巻のパフォーマンスを披露した。

“事前にチケットを購入して、当日19時半から配信ライブを見ることができるシステム.3,900円という価格にもかかわらず、多くのファンが申請したようです。7日の前夜祭では、システム障害で開始時間が大幅に遅れましたが、最終的に絶賛の声が高まっていた」(芸能関係者)

明らかに、Twitterにも「これが生配信は本当にすごい」「生配信に感動しました」などの声が続出した。

しかし、このライブ実は生配信なかったのだ。

7日の昼すぎオフィス車に乗って日本武道館に姿を見せた錦戸。 関係者の姿もあり、これから始まるライブに向けて緊張感が漂う。

しかし、開始時間から30分後、20時過ぎオフィス車両がすでに会場を後にした。 その従業員の姿も見えず、完全撤退の状態があった。

また、次の日錦戸の姿は一度も見られなかった。 前日とは異なり、従業員の姿も、最初から無し。 武道館の関係者の話したが、このような答えが返ってきた。

「会長はもぬけの殻だった。無観客どころか錦戸さん本人も不在ステージも完全に整理することができました……」

だから本誌は事務所にお問い合わせいた。 担当者は、初日の問題について、「チケットを購入された方にもう一度この場を借りてお詫び申し上げます」とした後、こう言った。

「今回のオンラインライブは予定していた日程で大きな変化と当日雨天の関係が当初から生放送ではなく、ディレイ放送の形をとるようにされています。通常のコンサートでは不可能な、生放送ならではのカメラワークと照明の演出が可能であり、創造的な観点からもご覧になった方は、満足することができるものと考えています」

つまり放送事故などを防止するために、あらかじめ撮っ集めた映像を配信したという。

生はなかったが、高いクオリティを示し錦戸。 試行錯誤の日々はこれからも続きそうだ。

「女性自身」2020年10月27日号掲載

READ  石原さとみ結婚に注目「創価学会員の入籍日が年3回に集中する理由」学会の記念日が「人生の軸」になる| PRESIDENT Online(プレジデントオンライン)

Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close