スポーツ

錦織ケイ、BNPパリバオープンでダニエル・エヴァンスに敗れ

ケイ錦織(Kei Nishikori)は土曜日BNPパリバオープン第2ラウンドで、英国のダニエル・エバンス(Daniel Evans)に4-6、6-3、6-4で敗れた。

日本の、世界53位は、過去3回の対戦で勝利した強力なリターンゲームで最初のセットを獲得した後、インディアンウェルズで連続安打行進を継続する準備をしています。

しかし、22位のEvansは2セットで優れたファーストサーブパフォーマンスで状況を逆転させた。

Britは決定的なセットで後ろから入ってきて、4つのブレークポイントを保存し、Nishikoriの唯一の機会にサーブを破って2時間48分で大会を終えた。

31歳の錦織(Nishikori)は「最初のセットで私の戦いをすることができたが、第二のセットから相手が流れを制御し始めた私はより多くのミスを犯した」と話した。 「私は少しの圧迫感を感じ始めた否定的なプレーをした。」

18シードのエヴァンスは第3ラウンドで、アルゼンチンのディエゴ・シュワルツマンと対戦する。

男子シングルスドローで、他の日本選手たちの間でダニエル太郎(Taro Daniel)は16番シードを受けた米国のライリーオペルカー(Reilly Opelka)と2ラウンドの試合で7-5、6-3で敗れた。

誤った情報とあまりにも多くの情報が共存する時代に 良質のジャーナリズムはこれまで以上に重要です。
サブスクリプションの場合、ストーリーを正しく理解するのに役立ちます。

今予約購読

写真ギャラリー(クリックすると拡大)

READ  メルセデスF1 "MGU-Kの問題がレッドブルホンダた理由はない」[F1-Gate.com]

Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close