sport

錦織圭「1年ぶりにふさわしい「復帰敗北も反応 – テニス:日刊スポーツ

ジェネラリオープン第1ラウンド復帰戦でフォアハンドショットを放つ錦織圭(AP)

<남자 테니스 : 제네 라리 오픈> ◇8日◇オーストリアのキッツビューエル◇男子シングルス1回戦

375日ぶりにブロケードが帰ってきた。 日本のエースとして第6シードの世界34位錦織圭(30 =日清食品)が、昨年8月30日、米国第3戦以降、公式戦に復帰した。 しかし、元ジュニア世界チャンピオンで、同47位のミオミル・バケツ真野ビッチ(セルビア)に6-4,4-6,2-6の逆転で敗れ、勝ちが飾った。 今回の大会には、西克人(24)と不織布ダブルスに出場している。 絶食の次の試合は14日に開幕、イタリア国際(ローマ)の予定である。

◇◇◇

惜しくも勝利をおさめるなかった。 しかし、ブロケードは「完璧ではないが、悪くなかった」と1年以上の空白としながら “については課題だけだが、そこまで悪くない」と手応えを感じていたようだ。

それもそのはずだ。 滑走から一気に5ゲームを連取した。 「攻撃的な良いプレーをすることができた。」 左手首を2ヶ月前に折れたという相手の安定しないプレーに助けられた無理な力が抜けてボールの運動量が増加した。 ただそこには、この続かない。 4ゲームを許し、最後は何とか振り払うた。

第2セット中盤以降「積極的に持続できなかった。 ショットの感覚は、100%ではない。 さらに、1年ぶりに80点以上というのは無理」改良されているサブも途中で不安定になり、足首をつかんだ。「1年ぶりにふさわしい」と織りのような言葉で振り返っ21歳と若い有望株とある程度のプレイをこなすことができあったのは大きい。

とにかく、今は「可能な限り試合に勝ち試合数を消化したい。そこにしようとしたい。」 また、今年の目標は、「特にない。とにかく試合を重ねていきたい」と多くの試合を消化して実戦感覚を取り戻したい。

ブロケードは、昨年8月に米国を最後に右ひじの負傷でツアーを離脱。 同年10月には、内視鏡手術を国内で受け、そのまま今年3月までに国内でリハビリとトレーニングを続けた。 3月に復帰予定も新型コロナウイルスの感染拡大で世界ツアーを中断した。

このツアーが再開した後、米国の前哨戦の復帰を予定していたが、8月16日、新型コロナウイルスに感染したことが判明。 米国前哨戦欠場を決めた。 同月26日に第三の検査で、音声となったが、31日に開幕した米国は、準備不足も欠場していた。

READ  真弓明信氏がライブ解説! 阪神が勝率5割復帰/詳細 - プロ野球ライブ速報:日刊スポーツ

Okano Akemi

「ベーコンオタク。ゾンビ中毒。ハードコアコーヒー愛好家。テレビマニア。音楽マニア。Twitterマヴェン。フードホリック。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close