経済

長い営業時間にもかかわらず、日本のデパートは落ち幅

東京 – 日本は政府が9県に緊急事態を拡大したにもかかわらず、小売業者のため、いくつかの制限を緩和したが、デパートオペレータはビジネスの展望についても落胆します。

オリンピック開幕した月前火曜日、菅義偉首相政府は、東京、大阪、その他の7つの県の緊急事態を6月20日に延長しました。 緊急事態は、4月25日に宣言された。 ダブル延長されました。

火曜日の前に、政府はデパートに食料品店やいくつかのレストランを除くすべてのエリアを閉鎖するように要求しました。 しかし、今のデパートは、平日の午後8時まで、本格的にドアを開くことができます。 彼らはまだ買い物客の流れを最小限に抑えるため、週末には高級ブランド店や宝石店を閉鎖します。

しかし、デパートオペレータはまだ悲観的です。 日本最大のデパート運営会社伊勢丹三越ホールディングスの広報担当者は「私たちは、両手を広げて、これらの制限の緩和を歓迎していない」と述べた。 「感染状況に応じ、今後、別の制限がある場合があります。私たちは、まだ自分自身を保護する必要があります。 “

他の小売業者も痛みを感じています。 日本の百貨店協会は先週、緊急事態にある9つの県の知事にデパートが継続ドアを開くことを許可くれた。

高島屋の会長でもある会長村田良夫は声明で対象地域の百貨店売上高」を大幅に削減」した状況は、「非常に深刻」と述べた。

「これが続けば…百貨店だけでなく、サプライヤーの雇用と事業継続性にも多大な影響を与えます。」と彼は付け加えました。

協会によると、東京のデパートの売上高は、伝染病がドク打撃前2019年の同じ月より4月32%減少した。

日本ショッピングセンター協議会、日本の小売業協会と他の二つの産業グループが先週、政府支援を要請する声明を発表しました。

賃借人が苦労して、業界グループが所得不足を補うために、政府の財政支援を要請した場合、商用賃貸人は賃貸料を減らすか、または許さ必要があります。

東京翔子リサーチのアナリストである坂田佳弘(Yoshihiro Sakata)は、「小売業者が当局の要請に従うと、完全に補償受けられない」と述べた。 「多くの小売業者が実存的危機に直面しているので、多くの人がずっと損失をもたらす要求に従うことが何なのか考え始めることができます。 “

Credit Suisse Securitiesの小売アナリストTakahiro Kazahayaは4月に高齢者が予防接種プログラムの最初のステップで接種を開始することにより、「最終的に長いトンネルの終わりの光が照らすようになります」と信じています。

しかし、彼は苦労している小売業者が伝染病に耐えたが、在宅勤務を介して、1年以上働いて消費者行動の変化などの困難に直面していると言いました。 たとえば、企業制服、高級靴、化粧品への需要は、流行前の水準に回復するために、より多くの時間がかかることがあります。

カザー下野は「危機により、テナントを失っているデパートの場合は、まだ買い物客にとって魅力的であるのは疑問が残っている」と述べた。 「大流行が終わったし、顧客が店頭に戻ることを保証することができる人は誰もいません。」

野村研究所(Nomura Research Institute)の経済学者Takahide Kiuchiは最近緊急事態の延長として、日本経済が1兆2,400億円(113億ドル)の損失を受けるものと推定します。

日本は水曜日に3,036件の新しい感染症を見てましたが、これは5月12日の約7,049件から減少した。

東京は約50日後にオリンピックを開催することが予想されます。 しかし、アナリストは、小売業者が潜在的な顧客に満足していないと言いました。

「オリンピックは、もはや小売業者と関連がないと思います。 [foreign] ジェフリーズ・ジャパンアナリスト、マイク・アレンは、観客と選手たちが動かないと述べた。 「オリンピックが小売に全く影響を及ぼさないと考えています。」

READ  アジア - 太平洋コロナウイルスニュース:日本、緊急事態を6月20日に延長、タイ、中国のSinopharmワクチン非常用の承認承認

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close