エンターテインメント

長さ120メートルの実物大ゴジラに円形飲みされるアトラクション「ゴジラ迎撃作戦〜国立淡路島研究センター」体験レポート – GIGAZINE

取材



兵庫県淡路島で世界初のゴジラの実物大の彫像をテーマにしたアトラクション「ゴジラ迎撃作戦〜国立淡路島研究センター「この2020年10月10日(土)からオープンします。ゴジラの体の参加者が突入する「ジップライン」やゴジラ細胞を殲滅する「解決」ミッションを楽しむことができること。完成披露イベントついでどんな魅力なのかあらかじめ体験してきました。

ゴジラ迎撃作戦| 【公式】ネージゲンノ森
https://nijigennomori.com/godzilla_awaji/

国立ゴジラ淡路島研究センターは、淡路島北部にある「兵庫県立淡路島公園アニメパークネージゲンノ森“にあります。住所兵庫県淡路ワークス2425番2号です。

国立ゴジラ淡路島研究センターに到着。 建物はNIGOD(National Awaji-island Institute of GOdzilla Disaster)の基地をイメージしています。


白黒で描かれたゴジラの顔がデザインされた「ゴジラ迎撃作戦」の巨大なポスター。


「ゴジラ迎撃作戦本部」


金属フェンスを越えては倉庫とマウント倉庫が見えました。


フェンス横の道を見ると、内側に巨大なゴジラの顔がちらり。


アクセス圧倒ほど巨大なゴジラ。 2016年公開 “新ゴジラ“に登場したゴジラ第4の形態をモチーフと思われる。


とても悪い激しいとドングルドングルした目が印象的だ。


口の中は、青い光に照らされています。


この巨大なゴジラの前で開い完成披露イベントでは、女優山崎ヒロやさん、東宝のマネージングディレクター兼CGO(チーフゴジラ責任者)の対戦ケージさん、淡路のドア安彦市場兵庫県の井戸敏三知事、パソナグループの南部靖之会長淡路島愛コメディアン田村健二氏がテープカットを務めました。


完成披露イベントの後、実際にスポットを体験することができました。 まず、切符売り場兼劇場である「ゴジラ迎撃作戦本部」に向かいます。


入口横には、木の優れた看板がかかっていました。


劇場内部はこんな感じ。


壁にはゴジラの画像や写真が飾られています。


NIGODのロゴと名前が描かれた旗もかかっていました。 ロゴをよく見ると、ゴジラと淡路島が刻まれています。


立場と同時に伝達する透明スマートフォンケース。 密閉できるようになっており、首ようになっています。


スマホケースの中には博物館の入場券や観光名所許可証が2種類入っていました。 これ名所や美術館のチケットの代わりにします。


NIGODゴジラ対策を目的とした組織であり、従業員の中には軍人も模様。 軍服を着たスタッフが「内側から順に座って待っててくれ!」と圧力が強化兵士ダウン誘導をしてくれます。


劇場では、なぜ淡路島にゴジラ上陸したのか、なぜゴジラが口を開いて動きを止めているかどうかについて説明している動画が流れます。映画は完成披露イベントも登壇した山崎ヒロやさんと映画「新ゴジラ」でサム与党政調副会長を引き受けた松尾聡さんも出演。 どんな映画なのか気になる人はぜひ現地でご覧ください。

映画館で映画を見ると、すぐに「ゴジラの体内または体表を監視する任務」を消化するために、収納庫に向かいます。


貨物や上着をロッカーに預けたからゴジラ迎撃作戦に参加同意書に署名する必要があります。


ログインをすると、次の装置を取り付けます。


NIGODスタッフが装置をしっかりと固定できます。


固定されたところがこんな感じ。


両手に付いているハンドルにワイヤを介して滑ることで、ゴジラの体内に飛び込むことができます。


安全のためにヘルメットをかぶっています。 ヘルメットにはNIGODの文章がつけられていました。


ジッパーラインの経験は、一度体内(長さ162メートル)または体表(152メートル)までのいずれかを選択することができます。 今回は必ずゴジラに飲み込まれる体験をしたい! とチェネウル選択します。


体内または体表を選択した後、ファスナーラインの出発点となるタワーを登るします。


実際には、ジッパーラインを使用して、体内に飛び込む姿をGoProで撮影した場所が以下。 なお、今回のGoProでの撮影は、特別な許可行っているもので、本来は劇場で配られたスマート – トフォンケースに入れたスマートフォンだけで撮影が可能となっています。事前準備の部分をすっ飛ば飛び込むところだけ見たい人は1分50秒程度再生します。

国立ゴジラ淡路島研究センターで実物大ゴジラの体内に飛び込んジッパーラインミッションをこなしてきた – YouTube

遠くからジッパーラインを見るときは、「思ったより怖くない」と思ったが、実際に滑走顔に当たる風と速度はかなり迫力。 また、ゴジラの体内には、スモークタカされ、飲み込んだときは、一瞬視界が悪くなることがあり、「飲み込んっ…!」と精一杯両手を握り締めたしまうことも。


タワーとゴジラの間には、ファスナーラインにワイヤーを滑って行く人を撮影できる場所が用意されています。 実際の撮影現場でのジッパーラインで滑って行く人を撮影したところ、次の映画。

国立ゴジラ淡路島研究センターの等身大ゴジラ名所ジッパーラインはこんな感じ – YouTube

かなりの速度で滑っていく作戦参加者。


体内のジッパーラインに乗る人は、あんぐりに口を開いゴジラ体に三いきます。


ジッパーラインミッションを終えてゴールから降りてくると、ゴジラの巨大な手を発見した。


そして、その前に解決領域です。 ゴジラの飛散したゴジラ細胞を撮影するミッションです。


ゴジラの隣に建てられた施設が射撃場があります。


窓から飛散して受賞に輝くゴジラ細胞が見えます。


置かれているライフルとカウンターとボタン。


ライフルFN P90このベースになっていました。


解決の使命は、ライフルでゴジラ細胞を攻撃して大きな音がしたら、座り込ん避ける……を繰り返しながらポイントの高さを競うことになっていました。


・詳細
100枚以上のモンスターが待っている世界で唯一のゴジラ博物館は特撮映画の歴史を肌で感じることができる空間でした – GIGAZINE


この記事のタイトルとURLをコピー

READ  「NEEDY GIRL OVERDOSE」可愛く少し苦しんでしまう女性を彼女の "雨"で人気配給者養育育成アドベンチャー - ファミ通.com

Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close